20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

絵になる雪景色は?!

連日雪マークが続いています。いったいいつになったら・・・
写真をアップロードしてから見ると黒白、グレーが基調の写真ばかりです。

ええええー、これは昨日の写真教室で撮影した景色です。
撮影タイトルは「雪景色」
雪は山ほどあるけれど美しく感動的な景色は・・・なかなか見つからないと
せんせはおっしゃいます。
雪の肌、樹木に付いた雪の量、形、光、雪の粒子のサイズ・・・
条件は厳しいのであります。
そんなせんせのとぎすまされた目にかなった情景を求めて小矢部の奥座敷、宮島峡に
やって参りました。
(ほとんど私のホームグラウンドではありませんか!)
雪が降りつつも時折青い空が顔をのぞかせることもありました。
ようやくほんのわずかにせんせの目にかなった情景が現れました。
桐の木をポイントに向こうに見える雪山と霧です。
d0088788_10124397.jpg

ハンノキの曲がりくねった樹形も入れてみましたけど。
d0088788_10132153.jpg

宮島峡一の滝。ここは真夏にもやってきました。
雪と水の流れを写すためせんせのラッセルで滝壺まで降りました。
何枚かシャッターを切っていると滝のそばをちょこちょことセキレイが歩いていたのですが
チャンスを逃しました。それが写ってくれたらもっとおもしろくなったのに残念!
d0088788_10135048.jpg

滝は木の枝に付いた雪が溶けてしまって絵にならないといって早々に引き上げ
別の山道を走ってみたけど、せんせの目にかなう景色はない!
唯一この残った木の実に雪が積もっていておもしろいと数枚シャッター切りました。
d0088788_10154591.jpg

午後からは雪がどんどん溶けてしまって・・・
しょうがない!白鳥見に行こう!ということになりました。
(氷見市十二町潟)
しょうがないって言うのは十二町潟は潟の壁が美観を損ねる素材だからです。
せっかく美しい白鳥の飛翔の背景にそれが一緒に写っては台無しですからね。
でも写ってしまいました!
(あとから流し撮りで背景をぼかすことも出来ると聞きました。)
若鳥と親鳥の飛行訓練のようです。
この訓練はすぐ終わってしまって後はみんな陸に引き上げてしまいました。
d0088788_10182356.jpg

このポーズはお休みポーズなんだそうです。

さて、せんせのアドバイス。
ただ白鳥が羽をバタバタしてるのを写せばいいと言うわけではない
白鳥をどう撮って表現するのかちゃんとイメージし
機材を含めた撮影条件を選択していくようにとのことでした。
道のりは遙かですわなー。
d0088788_10185534.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-01-24 10:20 | 写真教室