20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

オレンジ色のフィナーレ

ここ数日の間でシャッターを切ったのを取り込んでみると
なんとどれもオレンジ色の被写体ばかりでした。
秋が過ぎ去り冬の到来、最後の輝きを放っているようです。
北陸特有の時雨れ模様が多いこの頃です。
モミジの枝についた雨の滴が少しの間だけ射した陽差しに輝いています。
d0088788_1917211.jpg

ぱらりと落ちた一枚のモミジが偶然、枝にささっていました。
こういう表現を小さな秋というんですって。
d0088788_1918192.jpg

朝ダム湖周辺では霧が出ることが多くなりました。
湖面では北の国から渡ってきたカモたちで賑わっています。
朝はいろいろな野鳥のさえずりが聞こえます。
d0088788_19192899.jpg

この日も朝少しだけ陽差しがあり葉っぱを残した木々が黄金色に輝きました。
d0088788_1920296.jpg

富有柿がたわわに実をつけているのを目にします。
d0088788_19205211.jpg

山の裾に一本あった柿の木、
撮影していると柿の木の持ち主さんが
楽しげに収穫をし始めました。
d0088788_19213778.jpg

草紅葉も立派な被写体になります。こういった物の撮影も逆光が当然なんだそうです。
エノコログサのまとまった数の撮影をしようと探していたのですが
一本しか見あたらないまま陽差しが偶然出てあわててシャッターを切りました。
あれー。もう草紅葉も終わってしまう!


d0088788_1922362.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-12-07 19:23 | 田舎の景色