20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:田舎の景色( 180 )

すっかり冬景色

我が家から少し行ったところに「五位ダム」があります。その付近に桜の林があります。
桜の落葉は早いのですでに葉っぱはなくなっていましたが整然とそしてすくっと立っていて
すがすがしい景色でした。
来年は花をたくさん咲かせてくれたらいいです。
今年は鳥の食害でさっぱり花が咲かなかったから・・・。
d0088788_458181.jpg



d0088788_4584023.jpg異常繁殖して嫌われ者の「セイタカアワダチソウ」ですがきれいでした。


d0088788_521235.jpg
ちょっと暗くて見えにくいんですが冬イチゴの蔓でリースをつくってドアノブにかけて飾りました。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-12-05 05:00 | 田舎の景色

見なれた空・山・川


夕方からの出勤時、車の走行中に見えた鰯雲です。
あまり時間の余裕がないけどきれいな空は一期一会!
デジカメを取り出し車の窓から急いで撮影しました。

d0088788_1934381.jpg


d0088788_18342773.jpg翌日は11月最後の日のすばらしい快晴。どこを見ても絵になるような錯覚をしてしまうほどでした。
小矢部川にかかる三日市橋から高岡市のシンボル、二上山を撮影しました。空が青いと川の色も青く見えきれいでした。草も紅葉しています。


d0088788_18383031.jpg同じく小矢部川三日市橋から逆光で川を撮影しました。太陽を受けてきらめく水面が美しいです。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-12-01 18:45 | 田舎の景色

初霜が降りた朝

17日氷見海岸を撮影した朝です。
あしもとに湯たんぽを入れていても底冷えのする朝でした。予報通りこの秋初めての霜が降りていました。
紅葉がまだまだこれからと思っていたのに一気に落葉がすすみまっしぐらに冬に向かっていくようです。

d0088788_145679.jpg日のあたらないところの畑の菜っ葉は真っ白。
d0088788_14563049.jpg小菊の花にも霜が付いています。

d0088788_14565110.jpgマクロレンズで菊の花を撮してみました。無数の水滴がついています。


d0088788_14575681.jpgその日は氷見海岸を後にして山間部の棚田百選に選ばれた長坂集落に行ってみました。


d0088788_14581186.jpg集落からさらに山に上がったところに棚田があります。一番高い田んぼから眺めています。
9月末に稲が刈られ今は稲株が残っています。
畦道の草がきれいに刈られ手入れされています。

d0088788_14583671.jpg茅も紅葉しています。田んぼの水たまりに青い空が映っていました。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-21 14:58 | 田舎の景色

柿の里


氷見といえば新鮮な魚、海をはさんだ向こうに見える立山連峰など海が有名ですね。
海も魅力的ですが氷見の山里もなかなか魅力的なんですよ。
私の住む村から氷見の山里はおとなりのような所。
赤毛、坪池、久目は棚田がたくさんあり、また干し柿も作られているところです。
手入れされた柿の木林があちらこちらにあります。
ただここ周辺では熊出没の看板が目立ちます。
柿は今の時期熊の好物ですものね。
d0088788_2143542.jpg


d0088788_21552843.jpg
家の軒下にも干し柿がつくられています。


d0088788_21451370.jpgぎっしり柿がつるされています。大変根気のいる作業でしょうね。柿の朱色がゲイジュツ的です。
瓦屋根のりっぱな干し柿専用納屋のようです。


d0088788_21453940.jpg柿の枝を近景に棚田を撮影しました。ケヤキの紅葉した木がきれいです。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-10 21:50 | 田舎の景色

晩秋の花と紅葉マップ

通勤途中や山道で車を走らせているとハッとする程きれいなシーンを目にします。あぶない運転手ですが・・・。
すぐ車を止めてカメラを持ち撮影します。
公園や、景勝地ではなく、農家の庭先だったり田んぼだったり、山の中だったりです。
d0088788_23562144.jpg
いつもの道を少し回り道をして行くと、がけの下に石碑が建っていてその回りに八重の「しゅうめい菊」がこぼれるように咲いていました。


d0088788_235906.jpg


d0088788_22512065.jpgさらにすすむと鮮やかな赤い実が目にとまりまた車を止めて・・・眺めると、南天の赤い実でした。よくみるとあじさいが高台からしだれるようにありました。
グリーンに変化してドライフラワーのようでとてもシック。偶然の組み合わせがいいです!


d0088788_225211.jpg檜とイチョウ、ケヤキのコンビがそれぞれを引き立てているようです。


d0088788_22521955.jpg
漆の仲間の「ハゼの木」です。紅葉していないときは杉の木の緑と同化してちっとも存在に気づきませんでした。日があまりあたらないのでまだ紅葉途中です。真っ赤になる日ももうすぐかな。


d0088788_22525923.jpg

熱心な米作り農家は稲刈りが終わり晩秋になると田起こしをして水を張り来年に備えるそうです。田んぼに青空が映し出されきれいでした。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-09 22:55 | 田舎の景色

北アルプスが見える村


先日新穂高温泉を訪ねたあと、安房峠を越え安曇野、白馬と遠回りをして富山に戻りました。
以前から白馬村の棚田百選に選ばれている「青鬼(あおに)」集落を一度訪ねてみたいと思っていたので遠回りをしたって訳です。
青木湖を過ぎ雪を抱いた白馬岳が見えてきて目指すは「青鬼」。
思いついてここまで来たので地図もなく記憶だけが頼り・・・と車を走らせています。
d0088788_2243538.jpg


d0088788_2253236.jpg青鬼集落は姫川右岸から急な細い山道をいったところにある集落です。向かいに北アルプスが見え十数棟の茅葺き屋根の民家がひっそりとたたずんでいます。
数年前に「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。
土産物店などなく観光地とは一線を画し、住む人々の暮らしが息づいた村でした。

d0088788_2255342.jpgその暮らしぶりがかいま見える一つです。石垣の上からこぼれるように咲いていた小菊です。楚々とした小菊に心惹かれます。


d0088788_226183.jpg長野の街道にはこのような野仏や道祖神が至るところにあります。これは明治時代のものですね。
その時代に生きた人々の思いが伝わってきます。


d0088788_2264093.jpgこの青鬼集落の奥には200枚の棚田があるんだそうです。こうして先人たちは石垣を積み田を作ったんですね。労働の結集は美しいです。しかし、この集落も高齢化が進みいつまで米を作れるかはわかりません・・・・。


d0088788_2393188.jpg美しい石垣の傍から見上げた空はすっかり秋の雲が漂っています。


見えているアルプスは五龍岳でしょうか。日が暮れるのを見届けて帰り道につきました。
d0088788_23104733.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-06 22:09 | 田舎の景色

医王山にて

富山県の西側に医王山938m(いおうぜん)があります。
砺波平野のどこからでも見えるよく知られた山です。
医王山は白兀山、奥医王、前医王、王鳶岩、権現岩の峰々を総称して呼びます。
国見ヒュッテ周辺から富山県側の散居村(さんきょそん)を望むことができます。
まだ本格的な紅葉ではありませんがナナカマドの実が真っ赤に色づいていました。
ナナカマドを近景に散居村を撮影してみました。
d0088788_10234541.jpg


d0088788_10242133.jpg漆の木が一番きれいに紅葉しています。

d0088788_10244822.jpgナナカマドの下に見えた村の付近です。麓はなだらかな傾斜地で田んぼが広がり家が点在しています。

d0088788_10251592.jpgひまわりも終わり稲刈りも終わった田に日が差してきれいでした。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-23 11:03 | 田舎の景色

小院瀬見の穏やかな朝


小矢部川の上流「小院瀬見」の周辺は小矢部川の河岸段丘により地形が起伏に富み美しい村です。
今日は快晴になると予想し4時半に起き朝の景色を見に行ってきました。^^;
静かに静かに陽はのぼり、刀利(とうり)の山を照らし始めていました。

d0088788_14475977.jpg


d0088788_13291011.jpg福光町と言えば干し柿用の「さんじゃ柿」が特産ですが、こちらは富有柿。朝陽を浴び、風を受けています。


河岸段丘の上から小矢部川を見下ろしました。びっくりするほど小矢部川は狭い流れです。稲刈りが終わった田が青々としています。

d0088788_14433242.jpg


d0088788_13302821.jpg田舎の畑には色濃くなった百日草が華やぎを添えています。

d0088788_13311691.jpg千日紅とネギの組み合わせもいいもんですね〜。


d0088788_19283476.jpg
湿った日陰にひっそりとシソ科の「アキチョウジ」がいました。青い色に見えますがもう少し紫色の小さな小さな花です。道ばたに群生していました。素朴な花器や篭に挿して飾るととびっきり華やぐと思います。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-22 13:59 | 田舎の景色
4月にお話をした旧福光町、小矢部川上流の小院瀬見(こいんぜみ)で新しい生活をスタートしたMさんを再び訪ねました。
Mさんの家の前にある大きなケヤキはその下を流れる小矢部川の谷も覆う程大きなケヤキです。この前に来たときは春まだ浅いときだったので葉っぱが出ておらず枝がとても巨大で大蛇のような印象でした。季節ごとにいろいろな表情を見せてくれそうです。
紅葉し、落ち葉となった葉っぱの量はそうとう多いでしょうね。
d0088788_0135255.jpg


d0088788_0435069.jpg家の前にある深い谷の下には小矢部川が流れています。谷を挟んだ向かい側に田んぼが見えています。小矢部川の最奥の田んぼです。曇っていたのですが雲の切れ間から夕日が差してきました。


d0088788_23472781.jpgMさんは家の前の小さな畑でナスや春菊など夏野菜、秋野菜を育てていました。最近イノシシが出没して家から離れた畑のサツマイモが全滅したと話してました。
写真はにんじんのふさふさしたやわらかい葉っぱです。すがすがしい空気をいっぱい吸っておいしそうです。

d0088788_0185629.jpgどこでも見かける畦道の雑草の「ミゾソバ」。金平糖のような星形をしています。


d0088788_0344118.jpg
Mさんの数回の引っ越しのたび、いつも一緒に連れてくるおじいさん猫ですって。
田舎暮らしにはペットはなくてはならない存在なのです。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-20 00:49 | 田舎の景色
砺波夢の平スキー場は今コスモスが満開なんだそうです。
青い空のしたコスモスが揺れきっと素敵だろうと出かけましたが会場まであと4キロのところで渋滞しはじめ、3時間待ちの立て看板が見えたので速攻Uターンしました。
日曜日なのと今日まで夜のライトアップがあるようなので予想以上に混み合っていました。
d0088788_22285915.jpg山あいの道をドライブ、楚々としたコスモスを撮影しました。


こちらはコスモスではありませんがご近所の友人の庭です。
道より高いところにたくさんの秋の花が咲いて道行く人を楽しませてくれています。
青い空の下、桃色の「しゅうめい菊」がまぶしいほど美しいですね。


d0088788_222949100.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-14 22:59 | 田舎の景色