20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:田舎暮らし( 195 )

ご無沙汰いたしました!

もう9月も後半となってしまいました。
ブログ更新が滞りすっかりご無沙汰してしまって・・・・。
そのあいだに田んぼガーデンもトンボが飛び交い
コスモスの花が咲き始めました。
d0088788_22425474.jpg

晴れた朝田んぼガーデンでは何もかもがドラマチック。
d0088788_22414636.jpg


d0088788_22433099.jpg

登り始めた陽が朝露を照らしてキラキラ、思いがけないシーンを見せてくれます。
蜘蛛の糸につく露は宝石みたい。

d0088788_22441061.jpg


d0088788_22444860.jpg

紫苑の花の上にもユニークな昆虫がちょこっと乗っていました。
朝カメラを持って田んぼガーデン巡りをするのが一番の楽しみです。

d0088788_22455897.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2012-09-20 22:47 | 田舎暮らし

カワセミに夢中

今日の富山は全国で2番目に暑く高岡市伏木では36℃台とのことです。
朝は青空が広がり周辺を散歩していると梅雨明け頃に咲くという
ねむの花が咲き始めていました。緑一色の景色に
優しいピンクの花が彩りを添えています。
d0088788_146239.jpg

ここ数日湿度が異常に高くカメラレンズがくもったりもしました。
梅雨本番といったところです。
雨が降り何となくかび臭さが感じられ久しぶりにアロマポット
をつけ香りだけでも爽やかに・・・
d0088788_1431813.jpg

村の周囲は野鳥の宝庫だと実感します。
先日からよく聞かれるのは「アカショウビン」の
さえずり。
さえずりに誘われ雑木林を探すのですが到底肉眼では確認することができません。
ついでにと、川沿いにカワセミを見ることがあるので一応のぞいてみようと川面にカメラを向けた途端、何か動く物!ええっ!いきなりヒットです。
d0088788_14144028.jpg


d0088788_14152569.jpg

この日から私のカワセミ撮影意欲ががぜんアップし始めました。
ここ1週間毎日同じところに行くと1〜2回は必ず見ることができますが
素早い飛翔にカメラワークが及びません。
これだけ目にするってことは
近くに巣穴があり
子育て中に違いないと思います。
朝からさっそくいつものところに。
思わないところでホバリングして水面にダイブしていますが全く撮影不能、
あ〜あ、とあきらめたら橋沿いのケーブルにちょこっと乗って水面を狙っているではありませんか!
d0088788_14193710.jpg

子育て中のオス?に
声援を送りたくなります。

この後カワセミのホバリング撮影ができたらと川岸に降りた途端
草むらにマムシ!
ぎゃーーー!!なんていいません。(ほんと)
マムシがいる環境こそ豊かなのだと思うからです。
d0088788_14202262.jpg

川沿いにいるとさまざまな小鳥がやってきます。
キセキレイです。
見かけることが多いのですが今回初めて撮影することができました。
なんだか野鳥撮影の深みにはまりそう。
d0088788_14343215.jpg



[PR]
by noriko_muratani | 2012-07-16 14:29 | 田舎暮らし

十二町潟の野鳥たち

白鳥たちが北に帰り始めるころになり最後のチャンスに
夕景の白鳥を撮影したいと
氷見市十二町潟水郷公園をおとずれました。
しかし一羽の白鳥もいません。
どうやら日中はどこかに出かけているとか。
ダイサギ?が池の中の魚を捕らえているのが見られます。
ぼんやりした夕陽でこれじゃあ寂しいな・・・とおもっていたところ
不意に夕陽が射す方向とは逆の方向から白鳥が帰ってきて
撮影チャンスは撃沈。
d0088788_10304272.jpg

そのうえダイサギに近づきすぎて逃げられてしまいました。
d0088788_103154.jpg

先日アップした白鳥の流し撮りはNせんせから「いい線いっとるね」!って
言ってもらいました。なのでもう一度トリミングして出してみました。
もう少し優雅さが欲しかったところですが・・・
d0088788_17105724.jpg


かもの泳ぐ波紋がきれいです。
暗いけど・・・
d0088788_10314453.jpg

思った撮影ができませんでしたが十二町潟の野鳥の種類が多様なことがわかり驚きました。
水郷にかかる橋の上に猛禽らしき姿が見え撮影して調べてみました。
遠すぎて鮮明ではありませんがこの猛禽はオオタカですね。きっと?!
(大変失礼いたしました。ミサゴとご指摘を頂きました。魚を捕る猛禽類です。)
d0088788_10321255.jpg

近くのダム湖がまだ氷に閉ざされていた2月の夕景です。
3月に入り氷も後退し始めています。

d0088788_11284480.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2012-03-06 10:39 | 田舎暮らし

秋深く満ち始める

晴れた日の朝、庭に咲くナスタチュームの葉っぱに日が射し始め
朝露がきらめいていました。
d0088788_19104394.jpg

午後からの出勤で、久しぶりに時間に余裕があった日
庭の雑草を飾ってみました。
先日骨董商の知人から藍色の山水画の手あぶり火鉢を買い求めました。
火鉢にも使えばいいし庭の雑草を飾るのもいいしと思って買ったものです。
d0088788_19112082.jpg

同じく骨董商の知人が作った孟宗竹の花器。
どちらも花が少なくなったこの頃
最後の濃い花色を発している野草を飾るとお似合いです。
d0088788_19121544.jpg

ひとしきり花の写真を撮ってからカメラを持ってウオーキングにでかけました。
田舎の家では土壁の蔵をよく見かけます。庭先のウメモドキやしゅうめい菊が秋らしさを感じます。
d0088788_19125231.jpg

自宅から片道2キロほど行ったところにある
滝「滝の沢」と言います。水量が少なくてひと筋の流れになっています。
d0088788_19133671.jpg

帰り道に田んぼガーデンによると蝶達が千日紅や宿根アスターの花の周囲を舞っています。
ツバメシジミだったかな?
ーー愉快な仙人さんより「ウラナミシジミ」と教えていただきました。ーー
d0088788_1914591.jpg

カマキリは寿命が尽きる時期なのかよろよろとアスファルトの道を横断していたので
縁石に避難させました。攻撃されたのかとわたしにしっかりカマキリパンチしてくれました。
d0088788_19142951.jpg

秋の晴れた日は畑で収穫してきたあずきの選別日和。
わたしが通りかかっても全く気づかないほど集中して作業に没頭しているご近所おばちゃんです。
親戚にあげたり少しばかり売ってお小遣いにするんだそうです。
いい景色です。
d0088788_19151194.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-11-04 19:18 | 田舎暮らし

秋祭りそしてまた台風

NHKTVは朝から台風情報を連続して報じています。
少し前に浜松に上陸したようです。
雨の被害が広がっています。ここも昨日から雨、雨、雨。
田んぼガーデンでは遅く咲き始めたヒマワリ、コスモスは風で倒れてしまっています。
ひたすら台風が過ぎ去ってゆくのを待つばかりです。

夏の暑さが去って朝夕寒いくらい・・炭火がホッとするそんなころ秋祭りが行われます。
今年は台風の影響で蒸し暑くて炭火どころではありませんでしたが・・・
d0088788_14165696.jpg

秋祭りは村の若者による獅子舞があり各家を回ります。
我が家に来る前の家での撮影です
天狗の足だけお見せします。
d0088788_14174164.jpg

獅子の足!!
d0088788_1418542.jpg

華麗な舞いです。天狗役はなぜか??イケメンが多いんですよ。
d0088788_14183761.jpg

蒸し暑い中ツリフネソウの中にいたカマキリ。
d0088788_14195640.jpg

すっかり酔ってしまっている「酔芙蓉」
公園のそば、無雑作に植えてありました。
10月ぐらいに咲き始める花ですがもう咲いていました。
白い花が夕方になると酔ったようにピンクになるので
酔とつくそうです。
d0088788_14191567.jpg

高台にあるお寺の庭に秋を感じる「秋明菊」が咲き始めていました。
学名はアネモネジャポニカ 、アネモネはギリシャ語の「風」が語源。「風の花」の意味のようです。
そう言われれば秋風が似合います。
d0088788_14254569.jpg

台風が来る前の田んぼガーデンの様子です。
蜘蛛の巣があちらこちらにはりめぐらされファンタジックな景色を作っていました。
d0088788_14203794.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-09-21 14:26 | 田舎暮らし

ダイナミックな水遊び

我が家から7キロほど先、富山、石川県境、石川県側にある「大滝」という滝です。
石川県津幡町木の窪地区の木の窪川の滝
落差20メートルだそうです。
夏の間だけ地区が運営する流しそうめんの営業があり
川にパネルが敷かれ滝壺まで簡単に近づけるようになります。
ここ数日夏の暑さが戻ってきたことや、夏休みのせいか沢山の人で賑わっていました。

d0088788_20401531.jpg

上流は集落がないため生活排水や、農業排水がほとんどなく水質は清浄そのもの。
イワナの養殖もされています。
水量も十分といったところですね。
カメラの設定で幽玄な世界を演出できます。
d0088788_20404518.jpg


d0088788_20411714.jpg

小さな子供達が水遊びを思いっきり楽しんでいました。
ここではイワナのつかみどりもできます。
d0088788_2041488.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-08-04 20:43 | 田舎暮らし

より美しく妖艶に・・

一年ぶりに中学以来のお友達が遊びに来てくれました。
家の中もおめかししなくては!
久しぶりにおおきなこの壷に庭で咲いたギボウシを飾りました。
和紙のあかり・・・白飛びして形状がわからないのですが
あかり工房のUさんが制作したムーンライトです
和紙部分が破れたので修理かこちらで和紙の継ぎ当てしなくっちゃと思っていたら
夫が思いがけず手持ちの和紙で修理してくれました。
それはUさんの作品意図とは違っているかもしれないけど
夫はたまーーーーにヒットする?ことがあってなかなかいい感じになりました。
d0088788_2185223.jpg

友人がおみやに姑さんの作った器を持ってきてくれました。
実物の色は淡く優しい水色です。
わたしのお菓子の定番の小倉餡&草だんごを入れてみました。

d0088788_2192838.jpg

友人が来た数日後ホワイトレースフラワーを背景にリーガルリリーが、香りとともに開花。
あこがれのコラボを見て欲しかったなー。
d0088788_2110214.jpg

アザミの蜜を吸うセセリチョウ
d0088788_2113185.jpg

こちらは滑川(なめりかわ)行田公園に咲く菖蒲と小さなカタツムリ
写真教室ロケでのせんせのアレンジ
例によって霧吹き、カタツムリ出演で
妖艶さを演出してくれました。

d0088788_21141463.jpg

蜘蛛も忙しそうな菖蒲園でした。

d0088788_2135691.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-06-29 21:29 | 田舎暮らし
このところ庭の手入れに余念がありません。
なので時にはお客さんでもいらしてお茶を飲むことになり
初めて「休もうか」と切りが付きます。
そんなときのシーンです。
まめも一緒に外に出たいとせがむのでテーブルのそばに連れてきたら
マロンがどこからともなく現れ「別に一緒にいたいわけでもないんだぜ」といわんばかりにクールな表情。本音がわからないのが良いんですよね、猫って・・。

d0088788_11403982.jpg

話は変わりますが健康のため最近週3回ほど2キロぐらいの距離を歩いています。
観光地として脚光を浴びるようなところでもなく、結構山が荒れているし、
それほど珍しい山野草もなしですが、歩くと思わぬ楽しさに出会うことができました。
四季の移り変わりを感じたり豊かな種類の野鳥の存在です。
ここにあげる種類の野鳥は探鳥会では目玉の野鳥なんですよ。
証拠写真はありませんが
野鳥のさえずりを聞き分けここには誰が居るなってわかるようになったからです。
ウグイスから始まり
尾羽がとても長く目の周りがコバルトブルーの「サンコウチョウ」
さえずりは月、日、星、ホイホイ!
アオゲラのキッ、キッ、ヤマセミのケッケケケッ、
オオルリのストロークの長い巻き舌??地味だけどオオルリに負けていないホオジロ、
キビタキのポンポロピーポンポロピー
もちろんそれらのさえずりを遮り切り裂くようなカラスや、ヒヨドリの存在も無視できませんが・・・
d0088788_1141791.jpg

さて前回と代わり映えのしない田んぼガーデンの様子です。
最近のお気に入りは芝のように地を這うタイムです。
同僚が自宅でとても重宝しているからガーデンにも植えてみてっていただいたものなんですが
すっかり根を下ろし少しずつ広がって最近ピンクの花を咲かせてきました。
d0088788_11415926.jpg


d0088788_11422658.jpg

散歩の途中に撮影しました。ちょうど朝日が差し始めて素晴らしく輝きました。
次々と植え込んだ花が開花し今がベストシーズンです。
d0088788_11431085.jpg


d0088788_11434474.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-06-21 12:24 | 田舎暮らし
村の八幡宮の藤がようやく咲きました。
周囲の山あいにも藤が目立つようになりました。
藤の色は濃い紫色から淡い紫まで個体差があるようです。八幡宮の藤は淡い紫色です。
d0088788_22553652.jpg

日増しに緑が深まるこの頃、
村のお寺のシャクナゲが見頃になってきたので
マクロレンズで撮影しようと潜入。
今は亡き住職が丹誠込めた庭・・・です。
四季それぞれ見応えのある庭とは思っていたのですが
年を重ねるごとにその魅力が増していると思います。
住職が生前に植え込んだシャクナゲが今年は特にあでやかに咲きました。

シャクナゲに誘われてくる昆虫をねらってハナグモが陣取っていました。
d0088788_22561267.jpg


d0088788_22563656.jpg

庭の中を散策して小一時間ほどあとにまた見るとハナグモはしっかり獲物をゲット。
d0088788_2257759.jpg

ひときわ地味なエンレイソウ、木漏れ日、ガクの影を映し。
d0088788_22575851.jpg

葉っぱの中央に小さな花を乗せているハナイカダ、
とってもユニークです。
ステージの上で踊ってるよう。
d0088788_22583591.jpg

純白のシャクナゲも魅力的。
いくつもおおきな花をつけています。
d0088788_22591987.jpg

アクセントに置いた岩
寄り添うように咲くエビネ蘭です。
d0088788_2259019.jpg

個性的なドウダンツツジの仲間「秩父ドウダン」
d0088788_2302837.jpg

何とスズメバチがこの蜜がお気に入りで私がカメラを構える頭上でブンブンと羽音を立てて
花から花へと飛び交っています。
幸い黒ではなくベージュの帽子をかぶっていたので攻撃は免れました。

時間を忘れてすごしました。
何十年と重ねた月日が豊かで心に染み渡る庭に育ったのではないでしょうか。

d0088788_2311189.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-05-24 23:06 | 田舎暮らし
桜の花を追いかけ、庭の手入れに追われ、瞬く間に日が過ぎてしまいます。
雨が降って少し時間の余裕ができました。

トップにマロンの大写し失礼いたします。
暖かくなると外を出歩くマロンにマダニがついて強烈なアレルギー症状を起こすようになりました。去年は目の縁について目の周囲が腫れあがりまぶたが真っ赤になっておいわさんのごとく・・・最近ではひげの生え際に付いて片方のほほが腫れ上がってしまい
副腎皮質ホルモンの軟膏をつけて腫れはおさまりました。
山菜取りで籔の中に入ると人間にも付き強烈なかゆみや腫れにおそわれることがあります。
動物病院で猫のマダニ駆除剤を処方していただき一件落着しました。
d0088788_13354131.jpg

連休には娘や孫、両親が家に集まり
ここならではの山菜料理がメインとなりました。
コシアブラやタラの芽は天ぷらに。
d0088788_13361196.jpg

揚げたてのコシアブラに孫達はまるでポテトチップスでも食べるようでした。

d0088788_13364618.jpg

これは実家の両親がおみやげに持ってきてくれたお寿司です。
実家の方ではお祝い事等あるとかならずつくる郷土料理です。
型にすし飯を入れて、間に焼いたサバをほぐして入れ重しをする
押し寿司です。木の芽のでる頃は葉っぱを乗せます。
今回は父が気合いを入れて作ってきてやるといっていたのですが、
既製品が店先にあったのでつい買ってしまったと白状・・・。
私が受け継いで作ればいいのですがなかなか実現できません。

d0088788_13372626.jpg

晴れた日の朝庭に出ると露がたっぷり付いた花たちにあうことができます。
オダマキのつぼみが膨らんできました。
d0088788_13382124.jpg

八重桜も平年より遅れて開花しました。
風が吹いて木の下にあるギボウシに花びらがたくさん落ちています。
小さな水滴がすごく綺麗だなと思いマクロレンズで撮影しました。
d0088788_13385378.jpg


d0088788_13393017.jpg

星のようなブルーのわすれな草
いろんなアングルを試して写してみました。
d0088788_1340117.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-05-11 13:44 | 田舎暮らし