20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani

<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ブナの森の神秘

毎日お仕事に励んでいらっしゃるみなさまには「ヒンシュク」を買うかもしれませんがまた、ため息が出るような紅葉にあってきました。m(__)m
きのう夜のお仕事に入るなり同僚が「岐阜の白水滝よかったから明日仕事が明けたらどぉ?○○さんと行ってきたらぁ」とお勧めがありました。
うーん!私も日曜は遠出したシィ・・・カメラもデジカメしかないシィ・・・と内心躊躇。しかし、誘われるうちが花だと思い直し・・・出かけることにしたのです。

「白水滝」は岐阜県、世界遺産「白川郷」から少し南に行った平瀬温泉郷に流れる大白川の上流にある滝です。
また日本3大名山「白山」の登山口がすぐ傍にあり白山東側のアプローチになります。
滝の周囲はブナ、栃、ミズナラなどの原生林におおわれています。標高1200メートルあたりでやや紅葉のピークが過ぎています。
紅葉する木の葉っぱの香りがあたりを包み込んでいました。
滝から少し標高の低いところが今は紅葉のピークを迎えています。樹形が見事です。
d0088788_22173825.jpg


d0088788_22183236.jpg白水滝です。落差72メートルでほぼ垂直に落ちています。水の色が白濁しているように見えることから白水と付いたようです。
休日はカメラを構える人でベストポジションは占領されていたとのこと。今日は少なくて正面から撮影できました!

d0088788_2219173.jpgガマズミの実が真っ赤に熟しています。

d0088788_22193470.jpg沢クルミの木に真っ赤なツタがちょこんと絡まっているのがかわいいです。


この沢は白山山頂の翠ガ池を水源とした小白水谷の流れです。
タイコーズブルーの水の色が異様なほど美しいですね。多量の鉱物を含有し飲水には適さないそうです。こちらから沢登りをして白山主峰に登ることもできるようです。
あ〜もーちっと若ければねぇ・・・ここから登ってみたいものです。
d0088788_2220574.jpg


d0088788_2220318.jpg黄色い葉っぱがライトアップしたようにとても明るい森にみえます。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-30 22:22 | お気に入り

錦繍の秋続き


昨日のつづきです。
新穂高、蒲田川の縁に深山荘という旅館があります。
そちらから見えるアルプスの景色です。楓の葉がきれいです。
d0088788_14413485.jpg


d0088788_1442173.jpg川の左岸から右岸に吊り橋があり深山荘に行くときはそこを渡って行きます。足の長い男性が颯爽と歩いていてかっこいいねー!!
深山荘にも蒲田川のそばに大きな露天風呂があります。(入浴料金500だったかも)
ここ周辺はたくさんの温泉があって温泉巡りにはいいですよ。湯量も多く掛け流しの温泉も多いと思います♪


d0088788_144357.jpgお天気がよくこのまま家に帰るのも惜しい気がして安房峠から安曇野、白馬方面を通って帰ることにしました。
安房トンネルから抜け上高地入り口付近から見た山です。頂上の白樺でしょうか、もう紅葉も終わってます。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-29 15:07 | お気に入り

きょうは台風が日本から離れていき晴れの予報でした。
まだ月明かりがある早朝家を出ました。
岐阜県にある「双六川」に向かったのです。神岡を過ぎた頃から雲がとれ青空がのぞいてきました。

去年初めて双六川に寄ってみたところ息をのむほど!の美しいエメラルドグリーンの水色で透明度も高く一目で虜になってしまいました。紅葉も迎えベストーシーズンだろうと期待に胸ふくらませて向かったわけですが・・・。
7時前に到着しましたが、どういう訳か川底に茶色い澱のような物がたまりあの美しい水の色は消え失せていたのです。ダムの放水か何かの工事のためかと思い、かなり上流まで車を走らせたのですが濁りは変わりませんでした。

それで予定を変更しもう一つ奥の「蒲田川」に行くことにしました。こちらは槍ヶ岳や穂高連峰から流れる川です。こちらもすばらしい清流ですが温泉やロープウェイで観光化が著しく私は敬遠気味なのですがここまで来たのだからと思い直して向かいました。
d0088788_22363890.jpg


d0088788_2237476.jpgほんわりくもがかかっています。


栃尾温泉付近の山ををみあげたらっ!錦繍とはこのことをいうのでしょうか。
何度もここに来たことがありますがこんな完璧な紅葉は初めてです。
d0088788_22374182.jpg


d0088788_22381159.jpg蒲田川の水の色です。きれいでしょぉ。


d0088788_22384874.jpg真っ赤な紅葉がすぐ手の届きそうなところにあります。



d0088788_22392391.jpg 実はこの下蒲田川のそばに露天風呂があるんです。混浴です。しかし無料ですよ^^。
男性ばかり数名入浴中・・・思案していると若いカップルが来たので女性の方に「一緒に入りませぇん?」と声をかけると承諾してもらえました。バスタオルを巻きめでたく入浴いたしました。


そしてラッキーなことに槍ヶ岳がこんなにはっきり見えてくれました。紅葉と空とのコンビネーションが素敵です!

d0088788_22394938.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-28 22:44 | お気に入り

秋の夜は眠い・・・


このごろはだんだん日が短くなり明るい時間が12時間以下になってきました。

こぼれ種で毎年同じ所に咲いている「メランポジューウム」です。初夏から咲きはじめ徐々に大きくなり今は一株が60センチ以上の大きなボール状になっています。
日が短くなりますます元気です。霜が降りるまで咲き続けます
花が2センチほどなので華やかさに欠けますが丈夫でこれだけ大株になるので雑草も退治してくれます。
d0088788_7403357.jpg

花に近づくと
d0088788_6494128.jpg


d0088788_6501631.jpg薪ストーブの火を絶やさない暖かい居間。
リクライニングチェアーの上でパトロールから帰ったマロンがくつろいでおります。
犬のまめがいないことを確かめてから乗りました。
顔を前足で覆ってみたり・・・


d0088788_6503889.jpg伸ばしてみたり・・・寝返りをくりかえしています。

d0088788_651089.jpgいつのまにかキルトに包まれるようにあどけない顔で眠りこけていました・・・・ZZZZ。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-26 07:37 | ペット

夜明け前の空

ここ数日すがすがしいお天気が続いています〜。

朝の空を撮影したいと旧福光町方面に車を走らせた時,
散居村の田のところどころにコスモスが植えてありました。
日の出までもう少しという時のほんの数分こんな美しい空色になりました。医王山の麓のやや高台のところです。送電線の鉄塔がぽつぽつ見えはしますがそれは致し方ありません・・・。この空の色でお許しくださいね。
d0088788_14224179.jpg


d0088788_1449228.jpg植え付けが遅かったのか10月の終わりというのにコスモスがまだ盛んと咲いています。

d0088788_1449271.jpg
福光から家に着くと畑に明るい日差しがさしてきれい!
朝や夕暮れの光って落ち着いて何もかも美しく見えるんです。
青虫に葉っぱが食われてはいますがカリフラワーの成長は順調のようです。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-24 15:04 | お気に入り

医王山にて

富山県の西側に医王山938m(いおうぜん)があります。
砺波平野のどこからでも見えるよく知られた山です。
医王山は白兀山、奥医王、前医王、王鳶岩、権現岩の峰々を総称して呼びます。
国見ヒュッテ周辺から富山県側の散居村(さんきょそん)を望むことができます。
まだ本格的な紅葉ではありませんがナナカマドの実が真っ赤に色づいていました。
ナナカマドを近景に散居村を撮影してみました。
d0088788_10234541.jpg


d0088788_10242133.jpg漆の木が一番きれいに紅葉しています。

d0088788_10244822.jpgナナカマドの下に見えた村の付近です。麓はなだらかな傾斜地で田んぼが広がり家が点在しています。

d0088788_10251592.jpgひまわりも終わり稲刈りも終わった田に日が差してきれいでした。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-23 11:03 | 田舎の景色

小院瀬見の穏やかな朝


小矢部川の上流「小院瀬見」の周辺は小矢部川の河岸段丘により地形が起伏に富み美しい村です。
今日は快晴になると予想し4時半に起き朝の景色を見に行ってきました。^^;
静かに静かに陽はのぼり、刀利(とうり)の山を照らし始めていました。

d0088788_14475977.jpg


d0088788_13291011.jpg福光町と言えば干し柿用の「さんじゃ柿」が特産ですが、こちらは富有柿。朝陽を浴び、風を受けています。


河岸段丘の上から小矢部川を見下ろしました。びっくりするほど小矢部川は狭い流れです。稲刈りが終わった田が青々としています。

d0088788_14433242.jpg


d0088788_13302821.jpg田舎の畑には色濃くなった百日草が華やぎを添えています。

d0088788_13311691.jpg千日紅とネギの組み合わせもいいもんですね〜。


d0088788_19283476.jpg
湿った日陰にひっそりとシソ科の「アキチョウジ」がいました。青い色に見えますがもう少し紫色の小さな小さな花です。道ばたに群生していました。素朴な花器や篭に挿して飾るととびっきり華やぐと思います。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-22 13:59 | 田舎の景色
4月にお話をした旧福光町、小矢部川上流の小院瀬見(こいんぜみ)で新しい生活をスタートしたMさんを再び訪ねました。
Mさんの家の前にある大きなケヤキはその下を流れる小矢部川の谷も覆う程大きなケヤキです。この前に来たときは春まだ浅いときだったので葉っぱが出ておらず枝がとても巨大で大蛇のような印象でした。季節ごとにいろいろな表情を見せてくれそうです。
紅葉し、落ち葉となった葉っぱの量はそうとう多いでしょうね。
d0088788_0135255.jpg


d0088788_0435069.jpg家の前にある深い谷の下には小矢部川が流れています。谷を挟んだ向かい側に田んぼが見えています。小矢部川の最奥の田んぼです。曇っていたのですが雲の切れ間から夕日が差してきました。


d0088788_23472781.jpgMさんは家の前の小さな畑でナスや春菊など夏野菜、秋野菜を育てていました。最近イノシシが出没して家から離れた畑のサツマイモが全滅したと話してました。
写真はにんじんのふさふさしたやわらかい葉っぱです。すがすがしい空気をいっぱい吸っておいしそうです。

d0088788_0185629.jpgどこでも見かける畦道の雑草の「ミゾソバ」。金平糖のような星形をしています。


d0088788_0344118.jpg
Mさんの数回の引っ越しのたび、いつも一緒に連れてくるおじいさん猫ですって。
田舎暮らしにはペットはなくてはならない存在なのです。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-20 00:49 | 田舎の景色
芙蓉の花の中に、朝の咲き始めは真っ白なのに夕方になるとピンク色に変わっていく「酔芙蓉(すいふよう)」があります。
以前から花の名前、容姿の美しさにあこがれ庭に咲かせたいと思っていました。
寒さに弱く特に我が家は里より気温が低いので一度購入して植えましたが春には消滅してしまいました。
去年ナーセリーで懲りずに購入しました。そちらで冬越し方法を聞いたところ、小さな苗の時は、冬期間家の中に取り込んだ方がよいと言うことでした。
玄関で冬越しをし、無事に春を迎え少し大きな鉢に植え替えました。
木も大きくなってくれました。
今年の夏の暑さにしおれることもあったのですが、ようやく数日前から咲いてきました。

d0088788_21174179.jpg朝方降った雨が晴れ、青空がみえはじめました。キラキラ輝いているようです。


d0088788_2118483.jpg
咲きはじめなのでまっしろです。ため息がでそう・・・。


d0088788_21182284.jpg
一日花なので午後からこのようにピンク色に変わり始めるはずですが
気温が低いせいで翌日ようやくピンク色になってきました。
今年の冬はもう一度玄関で保護し
来年は地面に植え大きく育てたいと思っています。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-18 21:30 | ガーデニング
日曜日に向かった夢の平スキー場は人があふれ入場できませんでした。
きっと平日ならスムースに入場できると思いきのう再び向かいました!
昨日の喧噪もなくスムースに入場できました。
鉢伏山(510m)にあるスキー場ゲレンデいっぱいにコスモスが咲いています。標高が高いのでコスモスが咲く向こうには富山平野や砺波平野が見えます。
背の高いコスモスにあふれ花の迷路のようでした。
d0088788_2158076.jpg


d0088788_2304125.jpgコスモスと言ってもいろいろな品種があるんです。中心が白いピコティーです。


d0088788_2159699.jpgこちらはサイケといい半八重咲きです。


d0088788_21595288.jpg
携帯で写真を撮っている人もたくさんいました。
背中に夕陽を受けてロマンチックな感じだったので一声かけて撮影許可もらいました。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-16 22:20 | ガーデニング