20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

暖かい春風が吹きました♪
近隣の桜を追ってそれぞれの桜を堪能することができました。
そんなこんなで日々時間に追われて家の庭をゆっくり見ることがなかったのです。
数日前上を見上げて驚きました。わが家の八重桜が満開になっているではありませんか!!
結婚した長女、次女がそれぞれのパートナーを伴い休日に遊びに来ました。
桜がきれいなので庭に誘いました♪
歩いていると、どこからとも無く現れた猫のマロンも一緒に庭巡り・・・
ほのぼのシーンでしょ。
d0088788_23282381.jpg


d0088788_23333789.jpg
花びらの数が無数のぽんぽん咲き。はないろが濃い八重桜です。アプローチにアーチ状になっています。

d0088788_23285028.jpg桜の下の日陰にシャガの花も咲いています。

d0088788_23291188.jpgブルーシャワーというわすれな草です。毎年こぼれ種で咲きます。(発芽したときは草と間違わないで残すとこのように咲きます)

d0088788_23292923.jpg

d0088788_23294847.jpg暮れに頂いたチューリップの球根を無造作に植えたのにこんなきれい・・・
向こうの光がキラキラしています。この日差しがたまらないです。


久しぶりの賑やかな休日でした。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-30 23:37 | 田舎暮らし

シャクナゲの咲くところ

旧福光町立野原から袴腰山方面の山並みの景色です。
この奥にある標高1000メートル以上の山にはシャクナゲの群生地があるようです。
小矢部川の支流である打尾川の上流に三方山、隠れた名山といわれる猿ヶ山、大獅子山があります。これらの山の登山道一帯にはは5月になれば新緑の中シャクナゲが咲き大変美しいそうです。

d0088788_14425398.jpg

山のふもとを通ったときに偶然ある農家の裏庭を覆うシャクナゲの花を見つけ見せていただいたことがあります。
そのシャクナゲは今は廃村となった下小屋という部落の近くから持ってきて植えたと話しておられました。
今年もそのシャクナゲを是非みたいと思い訪ねてみましたが、今年は花芽が数えるほどしかなく撮影はあきらめました。
近くの七曲という部落の庭にも咲いていたので写させてもらうことができました。
このシャクナゲもこの近くの山奥から持ってきて植えたということでした。
d0088788_14431774.jpg

d0088788_14434284.jpgこのシャクナゲはアズマシャクナゲです。一度は山奥で実際に咲いているこのシャクナゲを見てみたいものです。



[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-29 14:52 | 田舎の景色

棚田の朝

朝5時10分、すでに日の出時間になっていますが山あいの栃丘地区はまだまだ日の出前です。
冷え込んだ朝です。車のフロントガラスに霜が付いてました。
音と言えば鳥の声とカエルの声だけの世界・・・・。
4月のはじめはまだ所々だけ田んぼに水が張ってありましたが今は全部の田に水が張られました。
d0088788_701885.jpg


d0088788_711982.jpg谷間からふぁーっと霧がやってきてしばらくのあいだ漂っています。


犬の散歩をしている地元の方に会いました。棚田の景色がきれいですねぇぇとこの景色の美しさを強調して挨拶しました。
「どっか都会からこられたがけ?」といわれました。同じ五位山地区住民ですが・・・。
地元の方はあまりに日常的なので何とも思っておられないような・・・・。
もっと自慢してください。
d0088788_714171.jpg


ようやく山の上から太陽が見えだしました。6時少し前です。
d0088788_7503963.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-26 07:03 | 田舎の景色

雨の日は

しばらくお天気が続いて乾燥気味でした。
土もカラカラしていたのでほどよい雨です。
しかし今日こそ家の周囲の草むしりを!と思っていたのでがっかりです。

緑が日に日に濃くなってきているので家の回りをカメラで撮影しました。
ふかふかした苔の上でハッとするような紫色のすみれが咲いています。
d0088788_14192999.jpg


d0088788_14195063.jpgもう20年近く前に植えた私の大好きな「ムシカリ」です。清楚な花です。
雑木林の中で白い大振りの花が目立ちます。

d0088788_1420535.jpg大きいままでこうして飾るのも楽しみの一つです。

d0088788_14202454.jpg飾ったり写真を写しているとカメラが怖いくせにお節介なまめが見に来ました。

d0088788_1420377.jpg

d0088788_14205919.jpg出たがりのマロンもさすがに今日は外出は控えています。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-24 14:36 | 田舎暮らし

桜で親孝行しました!?

スペースよへさで花見の会を楽しませていただいた翌日は高齢の両親を連れて安曇野のしだれ桜を見に行ってきました。
黒部川の傍の実家まで迎えに行く途中に桜並木があるので寄ってみました。
黒部川右岸の浦山新の桜はもう散り始めていますが向こうに北アルプス白馬岳が白く耀いてとても気持ちの良い景色が広がっていました。
こんな美しい景色の中で暮らしているからか?両親はおかげさまで長寿なんです。
d0088788_1315526.jpgすばらしいところで暮らしているのに何も遠くまで行く必要もないかもしれませんが時にはドライブして生活の幅を広げることも高齢者には必要だと思うので安曇野まで出かけたというわけです。


d0088788_1321954.jpg安曇野では至る所にしだれ桜があるんですよ。遠くからでも見えるので行ってみるとたいていそこは◯◯
家一族のお墓が集う所です。
しかもかなり樹齢が経っており100年から400年もあるしだれ桜ばかりですから驚いてしまいます。


d0088788_1323991.jpgこのしだれ桜は安曇野山麓線を走っているときに見えたので早速行ってみたしだれ桜です。近づくと幹の太さに圧倒されます。樹齢400年ぐらいかも。個人の墓場なので説明書きはありませんが・・・安曇野三郷北小倉にありました。沢山のカメラマン、しかも県外ナンバー車がいっぱいでした。

d0088788_133090.jpg花色は薄くシンプルな桜ですがこの木の大きさは並ではありません。
両親も来年元気だったらまた見に来たいと行っておりました。

両親を送り再び実家に寄ったところ黒部川で弟が朝早くイワナを8匹ほど釣ったので運良くお裾分けしてもらうことができました。親孝行しただけのことはあったわ・・・
骨酒でいただきです!!
d0088788_13174519.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-23 13:45 | 田舎の景色

花見会の企画である自然農に関わって暮らす「イソップ」さんからお話を聞いたり
トーストさんのアップルパイを食べたりしているうち、すっかり暗くなりました。
d0088788_010910.jpg 桜の下には和紙に包まれたろうそくに火がともされ炎がゆらゆら揺れて
すばらしく幻想的な庭になりました。

夜空から流れ落ちるように・・・・
d0088788_22271571.jpg


d0088788_091987.jpg 「命を食す」というお食事会が開かれました。
山鳥の混ぜご飯、狸、鹿、熊のお料理、お酒・・・たっぷり堪能いたしました。


d0088788_0112764.jpg参加者はそれぞれ多様な暮らし方の方々ばかり。話は尽きません。


d0088788_011566.jpg気がつくと月が静かに私たちを見下ろしておりました・・・。なんというすばらしいタイミングでしょうか!


[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-21 00:26 | 田舎暮らし

”よへさ”のしだれ桜

19日伏木”スペースよへさ”でしだれ桜の花見会が行われました。
2年前友人から紹介され夫の手作り家具展を開かせていただいたところです。
ソメイヨシノは散ってしまいましたが”よへさのしだれ桜は今が満開です。
静かな住宅街の中、日ごと深くなる緑の中に美しい桃色のしだれ桜が現れます。
d0088788_23242955.jpgこの日は高岡にある婦人会のバスツアーのご一行様もお花見や津軽三味線ライヴを楽しまれたそうです。玄関付近から賑やかな声が聞こえてきます


d0088788_23245390.jpgこうして入り口の門の上に枝がゆらゆらゆれています。


d0088788_23251039.jpgマクロレンズで花に近づきました。


d0088788_23255338.jpg去年は鳥の食害で木の上部の花数が少なかったのですが今年は木のてっぺんから枝先までたっぷり花を付け桃色のシャワーが痛いほど?なんです。青い空色の映えていますよ〜♪♪


d0088788_2059310.jpg


d0088788_23261822.jpg一つの花の花びらがとてもおおく、雪のように舞い落ちる様が詩的です。


d0088788_23264130.jpg東建ちの古民家の中のお部屋には庭で咲いた椿が水に浮かべてあり来る人達を迎えてくれます。お部屋から庭を眺めうっとり・・・まったり、ゆっくり時間が過ぎてゆきます。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-20 23:29 | 田舎暮らし

桜に酔う

旧城端町「向野の江戸彼岸桜」は地元建設会社の地域貢献事業として夜間はライトアップされています。夜の姿も一度は見たいと夕暮れから時間待ちをしました。

d0088788_103345.jpg
明るいとき、水面に映った桜です。

d0088788_1031993.jpg
妖艶な姿が浮かび上がりました。
あまりに美しく酔いつぶれてしまいそう・・・(^_-)-☆



何度チャレンジしても黄色く写るのでホワイトバランスの設定を変えたらようやくピンク色になりました。黄色く写るのは水銀灯のライトが影響するらしいとか。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-18 10:04
旧城端町野田の田んぼの中に一本、それはそれはきれいな江戸彼岸桜が咲いています。向野の江戸彼岸桜といいます。
近頃と来たら、さんざん桜の花を撮影しているので、もういいか・・・と思いながら一本桜ということに惹かれ久しぶりの青空だった15日訪ねてみました。
特に開花情報も確認せず青空だったというだけで行ってみたのですがちょうど見頃を迎えていました。
d0088788_21595474.jpg
見学する人やカメラマンがたくさんいます。国道や、農道は車でいっぱいでしたよ。
桜の下の田んぼには水が張られ桜が映し出されています。
d0088788_2202157.jpg
ここで写真をよく写しているという方の解説では桜を真ん中にしてその後ろに「袴腰山(台形の形の山)」を入れるのがベストポジションなのだと!
構えている人を「ここやー!ここ!」親切に誘ってくれます。^^
マニアは純粋な風景写真を撮りたがり人が桜の周囲を通るのを嫌いますが、
私はこの素敵な桜を愛で歓声を上げている人々も桜の景色のうちだと思います。
d0088788_2211112.jpg

山田川が桜の前を流れています。
桜の周辺の景色も本当に素敵なんですよ。

d0088788_2213079.jpg樹齢100年以上とか。野生種のこの桜は風雪に耐えたくましく成長しこれからもまだまだ成長する長寿の木です

d0088788_222071.jpg一つの枝に房状に濃い桃色の花をびっしり付けています。

d0088788_2222321.jpg顔をうずめてみたくなります・・・。

次はこの桜のライトアップをエントリーします。おたのしみにー?!

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-17 22:02 | 田舎の景色

山菜の初物

友人から山菜採りがてら山を散策中、偶然に「イワウチワ」の群生地を見つけたと聞き早速案内してもらいました。村の旧道で今はヤブになっているところです。
笹がはびこりかき分けて入ったところ突然斜面一面に「イワウチワ」が咲き乱れていました。
向こうの方にピンクの花が続いています。
d0088788_9471694.jpg


d0088788_2133784.jpg咲いているところは北東の方向に突き出た尾根の先端に限局していました。人知れずこうして咲いていたのですね・・・・。愛らしい花です。

d0088788_2141881.jpg落ち葉の斜面に野生のランの「シュンラン」も咲いていました。

d0088788_2145735.jpg山菜の「コゴミ」です。コゴミはアクもなくさっとゆでたり天ぷらにしたりして手軽な山菜です。

d0088788_2151333.jpg初物の山菜コゴミは酢みそで和えていただきました。

d0088788_21174666.jpg
こちらは白菜の菜花をニンニクで炒め、酒、醤油で味付けした菜の花丼です。
山を案内してもらい、菜花も頂き、このレシピも教えてもらった夕食の一品。シンプル料理ですが春の味を堪能しましたわ♪
これからは山菜の季節。楽しみが増えます!

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-16 21:16 | 田舎暮らし