20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

庭の散歩道

今開催中の夫の家具展も気になりますが
我が家の庭もトップシーズンを迎え平行して気になります。
花たちを美しくしてあげるために草取り、
周囲の木の枝の整理(うっそうと生い茂り暗くなっていました)
などにおわれました。
そんな作業が一段落して庭のなかを歩くと
ここちよく、きれいだな〜と思います。
ピンクのゼラニュウムが咲きそろい
ギボウシが大きく葉を広げ
クレマチスが咲き始めています。

d0088788_0442144.jpg

とてもキュートなゼラニュウムです。
d0088788_2373478.jpg

ほらっ!
d0088788_2375381.jpg

歩き出すと小さくても存在感のある「ベニシジミ」が目の前をひらひらと飛んでいました。
d0088788_0445459.jpg

正面から写させてくれました。うふふ♪

いつもコメントをいただいている
れんげ畑さんから句を付けていただきました♪
 
ベニシジミ 正体見たり スパイダーマン
  
                
                      れんげ茶  
d0088788_045857.jpg

日陰にクレマチスの天塩(てしお)が一輪ひっそりと咲いています。
d0088788_050163.jpg

散歩道の入り口はフォックスグローブが咲き始めています。ほんとはここにはもっとたくさん咲くはずがたった一本しか育たなかったんです。
今の季節はこのフォックスグローブが庭を引き立ててくれます。
去年の秋、こぼれ種で出てきた苗を庭のあちこちに移植しました。
d0088788_0452328.jpg

ここのレンガの道には白い鹿の子ユリと、オオバギボウシが植えてあります。
d0088788_0455610.jpg

ここは日陰なのでレンガがすっかりコケに覆われてしまっています。
シャクナゲやギボウシが元気に育っています。
d0088788_0462329.jpg

鬱蒼と木が茂る中から出てきたところです。
去年こちらに植え替えた柏葉アジサイやアジサイアナベル
がしっかり根付いています。
その足元にはジュウニヒトエが植わっています。
ジュウニヒトエは花が終わっても紫色の葉っぱがアクセントになってくれます。

d0088788_0464349.jpg

元の庭の位置に戻ってきました。
今年のバラはバラゾウムシに随分やっつけられて・・・とほ
2番花に期待となりました。
d0088788_214361.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-31 00:52 | ガーデニング

明日5月28日より富山市池多(古洞の森途中)ハーブファーム「富夢創野(トムソーヤ)」
で夫が制作した家具の展示会を開きます。

広いラベンダー畑のそばに「富夢創野(トムソーヤ)」はあります。
小高い丘にあるハーブ園は今ハーブの花が咲き始め
ハーブの香りがいっぱいなんですよ♪
d0088788_22325095.jpg

ハーブティがいただけるカフェが併設されています。

d0088788_22354579.jpg


今日は朝から友人に手伝ってもらい
会場に家具を運び入れました。
展示品は大きいものでは椅子やテーブル、、ベンチ、食器棚
小さなものでは木のフレーム、桜で作った箱、樫の木の花台などです。
家具の素材はさまざまで
楢材、紅松、センを使用しています。
d0088788_22333368.jpg


d0088788_2234433.jpg


d0088788_22344660.jpgカモミールがあちらこちらに咲いていますよ。

温室で栽培されたハーブ苗の販売もされています。
こちらも香りが充満しています。
つい私もハーブ苗を買い込んでしまいそうです!

d0088788_2242352.jpg

タイムの可愛い寄せ植えが
入り口でお客様をお待ちしております。
お近くの方ぜひお立ち寄りくださいませ。
  会場のご案内
  住所 富山市池多800
  場所 富夢創野(トムソーヤ)
  電話 076-427-1887

d0088788_22461530.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-27 23:32 | 家具作り

木をのおもちゃを作り続けている友人のHさんが「森の中の小さなおもちゃ展」を開きました。

共通の友人をとおして知り合いになりもう20年来のおつきあいをさせていただいています。
今日は会場の森の中でオカリナのコンサートが開かれるというのでおじゃましました。
コンフリーやハルジオンなどの雑草の向こうはオカリナの心に響く演奏が聞こえてきます。
d0088788_21561537.jpg


d0088788_21532341.jpg


d0088788_2154569.jpg


コンサート会場の森には人間ばかりでなく小さな虫や、野鳥もいっぱい集っていました。d0088788_21543121.jpg


d0088788_21545088.jpg


d0088788_21571743.jpg

梨の木に小さな野鳥がせわしなく行き来しています。よく見ると梨の木に付いた
虫をせっせとついばんでいます。メジロです。
d0088788_21574019.jpg


d0088788_2158499.jpg

Hさんの作品。
ブナの木で作った小さなオルゴール。
曲を選ぶことができるんですって。
d0088788_21582460.jpg

100個の積み木
シンプルだけど創造力が試されそうです。
どのおもちゃも素朴な中にもおしゃれ度が高くインテリアにもグッド!!
Hさんの作るおもちゃの塗料は無害なので子供にも安心です。
d0088788_21591250.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-23 22:25 | 田舎の景色
田んぼの畦道の一角にフランス菊が咲いていました。
フランス菊はセイヨウタンポポのごとく繁殖力が旺盛で今どこにでも咲いています。すっかり田舎の景色にとけ込んでいますね。
d0088788_22143721.jpg

5月にはいると田んぼには満面の水が張られます。
田んぼの水がダムのような機能を果たし地下水位が保たれるそうです。

田んぼのなかに家々が点在する砺波地方特有の散居村(さんきょそん)と言われれる景色は高台
から見るとその特徴がはっきりと見えます。

そして湖のような田んぼと散居村(さんきょそん)に夕陽が映る
砺波市夢の平展望台は観光スポットとなっています。
夕陽が沈まないうちにと展望台まで
ダッシュ、ダッシュ!!
今日も近くに宿泊する観光客、カメラマニアがもうベストポジションに集まっていました。
オレンジ色の夕陽・・・ま、月並みです。
d0088788_22145693.jpg

観光客さんは雲があることをとても残念がっていましたが
この雲は滅多に見られない
すばらしい雲ですよ。
夕陽のかたちがまん丸に見えるのは雲が薄くあるからサ・・。

d0088788_22151625.jpg


d0088788_22261135.jpg

すっかり山の向こうに夕陽が沈んでしまって
皆さん引き上げてゆかれました。
私は陽が沈んだあとのダークな景色を楽しむため
今日はちゃんと着込んで来ました。去年の同じ頃展望台の上は寒くて
長くおれなかったため余韻を楽しむことができませんでした。

空の低い位置の赤く染まった雲が田んぼを再び赤く染めはじめていました。
一旦カメラをしまった方はまた再びやおらカメラを取り出し撮影を始めておられました。

d0088788_22153493.jpg

こんなに真っ赤に染まった雲は滅多に見られません。
もうお一方も、まるでオーロラのようだねと話してました。
d0088788_22155796.jpg

砺波平野を流れる庄川です。
d0088788_22161775.jpg

これは数日前の職場の窓から見た田んぼです。
しんと静まりかえった水面が美しいですね。
d0088788_22163389.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-18 22:18 | 田舎の景色
山の新緑の中、藤の花が見頃となりあちらこちらで花盛りです。

d0088788_132286.jpg

友人から氷見市の山間にある磯部神社の藤がすばらしいから
ぜひ写真を撮りに行ってらっしゃいと連絡がありました。
せっかくの案内、声をかけていただけるウチが花かと・・・
現地に出かけました。

新聞などでも報じられたくさんの人が見に来ておられました。
樹齢300年以上といわれているようです。
d0088788_1323371.jpg

今年は特に花付きが良かったようで、藤のカーテンといった感じでした。

d0088788_1323247.jpg


磯部神社からやまづたいにある氷見市長坂地区です。
標高60メートルから200メートルぐらいの山間地にあります。この棚田の向こうは富山湾が広がっています。
この地区は日本棚田百選に選ばれています。
d0088788_13242652.jpg

小さく見えるのは海辺の宇波地区でしょう。
d0088788_13234918.jpg


長坂の棚田から見えるのは平沢地区です。
絵画展が御縁で知り合いになり
氷見まで来たことでもあったので
この平沢地区に住み創作活動をしておられる
画家のSさんの家を訪ねました。
d0088788_13214569.jpg

Sさんは友人達と個展の祝いの宴を開いておられ
私も突然の訪問にもかかわらず一緒にその宴に加わらせていただくことになりました。
ご夫婦二人でつくられた心づくしのお料理が次々と出てきました。
中でもわらびの昆布〆が絶品でした。
いきなり写真撮影まではできなかったので
これは私が後日わらびを取ってその昆布〆を作った
ものです。
昆布の上にあく抜きをしたわらびを並べ生のショウガを散らしました。
わらびの上にまた昆布その上にわらびと重ねてのせ軽く重し(皿でも良い)をのせ一晩そのままにします。
d0088788_13271447.jpg


仕上がった昆布〆わらびです。
昆布の味がわらびにしっかり移り
旨味たっぶりのわらびになりますよ。
d0088788_1325016.jpg

富山の旬の「ほたるいか」を出していただいたのもとても美味しく
今日また自宅で食べようと思いましたが水揚げがなかったようで店頭にありませんでした。
なので富山の特産「しろえび」を天ぷらにして富山の旬の味を再現してみました。

d0088788_13255296.jpg

Sさんも、もう20年以上飛驒地方や、ここ氷見などで田舎暮らしを続けておられて
共通の話題で話が弾み
楽しいひとときを過ごすことができました。
つくづく田舎暮らしって味わい深い暮らしなんだと実感したことでした。
[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-15 20:57 | 田舎暮らし

庭の花たち


玄関前を華やかにと寄せ植えをしました。
奥の銅葉色の葉っぱはコールデリーネといって最近こんなシックな植物が人気のようです。
フクシア、ペチュニア、モロッコナズナを植えてみました。
d0088788_10442410.jpg

娘達から母の日にプレゼントされた花束です。
カーネーションはピンクだと思っていましたがこんなシックな色合いのものが主流になっているみたいですね。
それはそれとして切花のプレゼントって
貧乏性の私としてはもったいない気がしますの。
根っこがついて毎年咲いてくれるものの方が経済的なんだわ・・・・・。
来年はこれだけの予算使って素敵な根っこのついた植物でお願いしたいです。d0088788_10444238.jpg

庭は日に日に緑が濃くなっています。
特にいろんな色合いのギボウシが葉っぱを開きはじめました。
この波打つような葉っぱのギボウシは山形県で発見された寒河江といいます。

d0088788_1045887.jpg

ギボウシはアジアの植物なのですがヨーロッパで園芸種として品種改良され日本に逆輸入されたものが多いようです。
いろんな斑入りがあります。
黄色いものから白いもの
斑入りでなくても緑色といっても黄緑からシルバーグレーっぽいものまでバリエーションが多いです。
日陰に強く雑草対策にもベスト。
大株になり過ぎないように注意は必要ですが。
d0088788_10452710.jpg


d0088788_10454087.jpg

レンガの小道に這わせています。リシマキア、オーレア。
自然な風合いの小道ができます。
d0088788_10504931.jpg

ヒメシャガです。
d0088788_10473553.jpg

さて、うちの飼い猫マロンなのです。
典型的な夜行性は当たり前ですが。
毎日の日課は日中ひたすら眠り夕方6時か7時ごろから外出し、帰りは朝帰り。

そして行動範囲がとても広いのには驚かされます。
数日前の夜、部落から2キロほど離れた全く人気のない山の中用事で帰宅途中
ライトに照らされた2つの光るものに遭遇。狸か、ハクビシンか・・・
と思ったらなんとうちの猫ではないですか!

マロン!!と声をかけても何か怖いものでも見たかのように逃げてしまって見失ってしまいました。


d0088788_10461743.jpg

何かを追って人気のない山の中にやってきていたのか・・・
あんまり遠くに行かないで!心配するじゃない・・なんて言ってもわかりっこないわ。
d0088788_1046578.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-11 10:52 | 田舎暮らし

美しい花の色に誘われて


私の住む村のお寺には数え切れない程の山野草や木が生えています。
随分ブログネタにもさせていただきました。
ミスミソウ、キクザキイチゲ、ヤマエンゴサク、など早春の妖精たちです。

そして今は大きなシャクナゲが目を惹きます。
多分野生のシャクナゲを先代が植えたのではないかとのこと。
一つの房に花がびっしり付きボールのようです。
透明感のある淡ももいろ、
あらゆるものを浄化してくれるような美しい花色です。。
d0088788_2244238.jpg

ご近所の友人がシャクナゲの花色に誘われ庭にやってきました。
友人も私も田舎育ち、田舎の話は尽きることがありません。
どこそこにこんな野鳥がいたとか、こんな桜の木があるとか・・・・

d0088788_2245864.jpg


d0088788_2255611.jpg

山の道に黄色く点々と見えるのはウマノアシガタです。
道端が黄色に染められていました。
d0088788_2261860.jpg

キンポウゲの仲間、有毒とか。
d0088788_22639100.jpg

夕方庭を歩いていたらギボウシに
キアゲハがじっと留まっていました。
寒いですものね。
d0088788_1145286.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-07 22:10 | 田舎の景色
こちらは閑静な住宅地の中にひときわ広くて緑が多い友人の
お庭です。
20年ぐらい前にブナや、桂、楢、夏椿など雑木を主に植栽されました。
山に自生する木を庭に取り込むというのは当時とても珍しいことだったと思います。
町中でありながら深い山に生える木がしっかり根付いています。
d0088788_20415323.jpg

木漏れ日が射す爽やかなお庭の一角は畑になっていたのですが
今年から花壇を作る事にし、手入れが簡単な花壇作りを教えて欲しいと
依頼がありました。
手入れが簡単、草が生えないように・・・・むずかしーです。

d0088788_2028384.jpg

庭作りはとにかく小道を造り
グループ分けをすると手入れがしやすいと考えています。
レンガでの小道作りをすすめ、小道作りは夫のHさんが引き受けてくださいました。
色の違うレンガをこんなすてきなグラデーションをつけとてもきれいに作ってくださいました。
これができあがった道です。この道によって4個のグループ分けができました。
そして土作りです。
植物には通気性が良くふかふかしたベットが必要です。
耕すだけでなく赤玉土と腐葉土を鋤き込みました。
d0088788_20303860.jpg

植える植物は植えておけば毎年生えてくれる宿根草をベースにして
料理に使えるハーブ、一年草で地面を覆うことに。
ナーセリーまで一緒に植物を選びに行きました。
バジル、イタリアンには欠かせませんね。
d0088788_20305844.jpg

にんじんの葉を大きくしたようなフェンネル、料理に使えるばかりか背丈が高く庭のアクセントになると思います。
d0088788_20311818.jpg

こちらはギボウシ、オダマキです。ギボウシは大きくなり広がりすぎるかもしれませんが草は生えません。
大きくなりすぎないように注意し、葉っぱの色の変化を楽しむことができますね。
それと私のお薦めはクリスマスローズです。
春の一番ぐらいに庭を彩ってくれますから。
一つ一つの苗はまだ頼りなげで小さいのですが
うまく根付けばボリュームもおおきくなり
賑やかになってくれるでしょう!
d0088788_20322077.jpg


さてこちらは私のお庭です。
友人の家の庭のような閑静なたたずまいからほど遠く、
何でもありでとりとめがないのですが・・・
d0088788_2035413.jpg

まとまった時間がなかなか取れず、また草刈り機が傷んで修理中だったのとで
雑草が大きくなっていました。ここ数日がむしゃらに草取りを続けています。
草刈り機で刈ったあと熊手でかき集め、鎌であとの補修をしたりと地面にはいつくばっています。夜になると背中が丸くなりまっすぐなるのが辛いくらい。
でも整理されたところで咲く花たちはいっそうきれいになるので草取りは
苦にならず、楽しみでもあります。
d0088788_20361372.jpg

お庭に咲く花は
ペンステモンです。このブルーが素敵だったので連れてきました。
d0088788_20363060.jpg

庭のあちこちにレンガや枕木の道を作っています。
d0088788_22183596.jpg

オダマキです。西洋オダマキと在来のオダマキが交配していろんな色ができます。
d0088788_20364928.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-04 22:13 | ガーデニング

りんご畑

爽やかな5月になりました。
高岡市国吉地区のりんご園でりんごの花が一斉に咲き始めています。
桜も大好きですがりんごの花もロマンチックで大好きす。
りんごの花の向こうにはぼんやり立山連峰が見えています。
d0088788_10105542.jpg

だーれもいないりんご畑、
聞こえるのは野鳥の声だけでした。
d0088788_10191143.jpg


d0088788_10112659.jpg


d0088788_10115156.jpg


そうそう、すずめより少しばかり大きな野鳥が数羽飛んできました。ちょっとわからないんですが・・・
ブログ友さん庭花さんより「アトリ」と教えていただきました!
d0088788_1012203.jpg

りんご畑を守る柳の防風林です。
こちらに訪問してくださるブログ友さんのアユりんごさんもりんご農家の方なのですが
防風林に木を使うのが少なくなりフェンスが多くなったとか。

d0088788_10152812.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-05-02 10:21 | 田舎の景色