20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日、4月29日(木)〜5月8日(土)
     (ただし5月3日(月)〜5日(水)までお休みします)
      砺波市井栗谷孫子(そのこ)、「山のギャラリーそのこ」で夫の制作
      した家具展を開きます。℡0763−37−2306
      地図ではわかりにくいのですが参考にしてくださいね。
      山の道がかなりくねっています。
      自然散策をしながらぜひいらしてください!
      
標高300メートルの集落の中にある古民家がギャラリースペースになっています。
d0088788_12201.jpg

一階入り口のスペースの様子です。
案内状に掲載したベンチをメインにしました。
古布の洋服制作をなさっておられる部矢香世子さんとコラボさせていただきます。
d0088788_1205853.jpg

こちらは桜の枝が天井まで届くスペースにテーブルとベンチ、置き囲炉裏を展示しました。
d0088788_1213858.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-29 01:44 | 家具作り

福寿草の群生地


きょうは写真教室の女性メンバー数人と信州方面にロケに行ってきました。
今回は白馬村の桜巡りがメイン、古いお寺のしだれ桜、雑木林に咲く大山桜、湖面に映る桜・・・・・そしてコブシの大木、おいしい手打ちそばetc・・・
計画はバッチリ!のはずでしたが。d0088788_220637.jpg
低温が続いたせいかどれも花のつぼみは堅く訪れたのが早すぎました。
こちらはコブシの大木のむこうに残雪のアルプスがみえました。花が咲けばそれば見事だったでしょうに・・・。

マップの中の桜名所行くには行ったのですが開花まで時間がかかるようです。
せめて早春の花の写真だけでもと思い去年両親と訪れた姫川源流に水芭蕉を求めて行ってみました。
d0088788_2202954.jpgここ姫川源流では木々の足元に福寿草がそれはみごとに群生していました。



d0088788_2205096.jpg

山からわき出た水が姫川のはじまり。
水芭蕉もぽつぽつとありました。
d0088788_2213061.jpg

昼頃から雨がぽつぽつ。
白馬村は雨が降り出してから外気温が7度と表示され、カメラを構えている指が変になるほど寒く感じました。

d0088788_2215865.jpg予定していた手打ちそば屋さんに駆け込み!のはずが!
なんとそこは定休日でした。かなり白馬村の中を回ってようやく営業していたそば屋さんを見つけそばを食べることができました。ほっ!


[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-27 22:23

桜の花びら

高岡古城公園のお堀(池之端)にしだれるように咲くソメイヨシノです。
花びらが散り始めてお堀の水面を漂っていました。
d0088788_17441480.jpg

偶然見かけた市街地の桜並木。
アスファルトの上をピンク色のはなびらが埋め尽くしていました。
カメラを構えていたので遠慮がちに通り過ぎてゆく自転車に乗った女性・・・
後ろ姿撮していいですかー?と声をかけてシャッターを切りました。

d0088788_1754980.jpg


桜並木のそばにこんな砂利道がありました。
先日ここを通ったとき一台の自転車がぽつんとあったのが
やけにかっこよくてねらったけどこの日はなんにもなく、
ああ・・・ちょっと心残りがありました。

d0088788_17445871.jpg

湿った林や川のそばに白く星をちりばめたように咲くニリンソウ。
八尾の山に咲いているのを見つけたのがこの花にあった最初でした。
かつては足繁くその八尾の山に通ったものです。
田舎で暮らすきっかけにもなりました。
そしてそこは八尾出身の友人の実家(今は廃村)だったことがあとで分かり巡りう縁の不思議さを感じました。
このニリンソウは友人の実家から株をいただいて我が家の庭に移植したものです。
朝露を含んだニリンソウをねらいましたが寒いとうなだれて花が開きません。
日差しが届いてから少し開きました。

d0088788_17452066.jpg

まだ芽吹かない林の中に10センチほどの白い花が浮かんだように咲くムシカリ。
雑木林が華やいで見えます。
写真の明るい部分が露出過多で白くなり形状が失われることを白飛びと言うそうで
白いものを撮すとそうなりやすくなるべくなら避けなさいと言われています。
ニリンソウ、ムシカリ、どちらも白くて被写体としては適さないと言われながらも白い花に惹かれます。
d0088788_17454347.jpg

今日は寒くなり雪まで降ったところもありました。
d0088788_17462622.jpg先日「よへさ」で桜イベントがありジビエ料理(イノシシ、鹿、カモ、山菜など自然の素材を中心にした料理)を堪能しました。とても寒い夜でした。「よへさ」のむかいさんが桐の火鉢に炭をおこして暖をとってくださいました。今日もこんな火鉢が恋しい日になりました。



[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-22 17:51 |
高岡市伏木の友人宅「スペースよへさ(屋号)」の庭にあるしだれ桜が今年も美しく開花しました。
見頃を迎えた先週末はこのしだれ桜に迎えられて「さくら・桜・サクラ」
イベントに参加しました。
伏木の住宅街のなかにこんな静かな空間がふっと現れます。

一枝のしだれ桜が風に揺れ・・・
d0088788_22555653.jpg



d0088788_22562456.jpg
上を見上げれば滝のような桜。
久しぶりの青い空と桜のコラボ。


d0088788_22563857.jpgこんな滝なら全身に受けても痛くないねー。


d0088788_9484152.jpg


d0088788_9514418.jpg一房の花が塀の屋根にふわりとのっかっていました。

今日はここよへさで会議を開く方々、
そして会議のあとに「いのちを食す」ジビエ料理が予定されていて
私は桜撮影とジビエ料理をごちそうになるためにお訪れました!
d0088788_22575740.jpg


d0088788_22582929.jpg

そして「スペースよへさ」では
藍九谷の器作家の五嶋直子さんの器展、
安達真理さんのビーズジュエリー展、
富山出身の映画監督浅井康博さんの写真展、
新保さんの金屋町前掛屋の手作りエプロン展など作家さんの作品展が催されており
次々といろんな方々が訪れていました。
d0088788_2302122.jpg



d0088788_2304368.jpg
部屋にはいると目を惹くのが和紙の灯りに照らされた器に浮かんだ鮮やかな椿です



d0088788_231773.jpg
室内から見えるしだれ桜の庭が素敵です。
このしだれ桜はよへさの一人娘「むかいさん」の誕生記念にご両親が植えられたそうです。
樹齢50数年になるそうですよ。
このしだれ桜に惹かれ、むかいさんの人柄に惹かれて集まった多くのかたの交流が生まれています。

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-18 23:01 |

それぞれの桜

暖かいと思ったらあっという間に寒くなるそんな日が続いていますね。

桜とひとことに言ってもいろんな所にいろんな種類の桜が咲いています。
山の中に点々とピンク色の野生の桜が咲いていたり、見事な桜並木であったり、庭に咲く桜であったりとそれぞれに美しさがあって心惹かれます。
我が家のそばを流れる子撫川(こなでがわ)、宮島地区にこんな桜が咲いているのを友人に教えてもらいました。
数年前に偶然通って見て以来あまりの美しさにしばらく毎日通ったという桜だそうです。
この桜は多分、江戸彼岸桜だと思います。花色が濃いピンクです。
d0088788_21312536.jpg

こちらは小矢部市田川の斜面に一本咲いていたソメイヨシノです。
周りの雰囲気をふわっと優しくしてくれます。晴れていればよかったのだけど。
d0088788_21315529.jpg

ここは朝日町船川べりの桜並木です。
あいにく雨が降っていて船川は濁っていました。
濁っていなければ渓流のような雰囲気のある川。
そして樹齢52年、堂々としたすばらしい樹形のソメイヨシノの並木道が続いています。
d0088788_21321874.jpg

先週の週末は福岡町の岸渡川桜祭りで船下りを撮影しました。
娘がチケットを買ってくれて私も乗ってみました。どちらかというと上から眺めていた方がいいかもしれません。
d0088788_21323945.jpg


d0088788_21325725.jpg

ところで先日初めて日本野鳥の会の探鳥会に参加しました。
野鳥のことをもっと知りたいと言っておりましたらブログ友さんの「愉快な仙人さん」からアドバイスをいただき日程調整をしての参加となりました。
今回は地元子撫川ダム周辺での探鳥会でこれは願ってもない場所。
あいにくの雨でしたが鳥たちとの出会い、又野鳥を愛する人との交流を求めて初参加です。
どんな双眼鏡がいいのか分からなかったのでおすすめを聞いてから購入しようと
考えていました。
時々探鳥会に参加するという方はニコンの10倍のを買ったと話しておられたので
私は8倍のを購入しました。
これから野鳥観察をもっと楽しめそうです。
d0088788_2133161.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-14 22:07 |

堂々と一本桜

高岡市柴野地内に咲く一本桜です。
小矢部伏木港線の柴野地内にはいると西側の杉林が見える山にこの大きな桜が見えてきます。
すばらしい青空が広がるこの日にほぼ満開になりました。
この桜の木がある山の地主さんからお話を伺うことができました。

江戸時代このお宅の先代が加賀藩高岡城にあった越の彼岸桜と思われる苗木を植えたらしい・・・
樹齢は180年ぐらいではないかとのことでした。
桜の種類を県中央植物園で調べてもらったけど越の彼岸でなく江戸彼岸らしい?と話しておられました。
一言に180年の樹齢と言ってもこの地主さんが知っているだけでも台風や雪の被害で枝が折れたり、杉にじゃまされて見えなくなっていたり等々いろいろあったそうです。
よくここまで育ってくれたものだと淡々と話してくださいました。
桜の根本入ると踏みつけて根が傷むので山の下から眺めて欲しいとも言っておられました。
d0088788_22594334.jpg

左側から見ました。
d0088788_230368.jpg

やや右寄りから見ました。
ソメイヨシノの優雅な花も素敵だけど
長年にわたって力強く咲き続けているこの野生種の桜も魅力的です。
d0088788_2303210.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-09 23:06 |

早春の光をうけて

遠くの山がぼんやりかすみ暖かい一日でした。
今日は富山市八尾の山奥に咲くカタクリに会いに行ってきました。ここ庄川右岸では
ソメイヨシノはまだつぼみですが一足先に江戸彼岸桜は満開になっていました。この桜の咲く土手に玉葱の原種??の「のびる」がでていてひとしきり夢中になって掘り出しました。
今夜はのびるの天ぷらですね。
d0088788_2295088.jpg

カタクリと同じ時期に咲くキクザキイチゲ、山陰にひっそりと咲いていました。
d0088788_22102569.jpg

雑木林から差し込む光を浴びて輝くようなカタクリです。

ー追記ー
越の彼岸桜が御縁で訪問してくださった kaguragawaさんよりいただいたコメントの中で
山形出身の日塔貞子さんの詩「美しい春の来る村」を紹介してくださいました。
とても素敵な詩なのでこちらでもぜひ紹介させてください。
今回訪ねた八尾の景色、香りが漂ってくるように感じました。

     明るく谷間をうずめて 光のそよぐように
     雨ふり花や堅香子の花の咲く
     静かな山の村があるのだという
     美しい春の来る村があるのだという

上の花のキクザキイチゲについて
おなじくkaguragawaさんによると
詩の中の「雨ふり花」は山形では、キクザキイチゲなどもふくむキンポウゲ科イチリンソウ属の花の総称のようです。

d0088788_22104982.jpg

なんと一緒に行った友人はここの近くの出身なので子供のころはカタクリがたくさんあり
煮て食べたと話していました。とても美味しかったそうです。
d0088788_22111315.jpg

はじめて見るルリタテハです。成虫で越冬するそうです。
そしてここで絶滅危惧種のギフチョウが舞っておりました。残念ながらカメラに納めることができなかったのが心残りです。
道の様子を見るためにカメラを持たずに車から降りた瞬間ちらちらと飛んで見えなくなってしまいました。カタクリのそばにはギフチョウの幼虫の食草、カンアオイがたくさんありましたから間違いありません。
一人だったら粘ったのですが・・・
d0088788_22131573.jpg

八尾の隠れ里のような高瀬地区。
以前ここを訪れたときに道端にまであふれるように咲いていた
カタクリの花が忘れられずやってきました。
秘境のような場所なのと雪がようやく消えたところのようで
案の定ほとんど車が通った形跡が無く
土砂が落ちていたり倒木が道にまでありドキドキしてしまいました。
友人は高瀬地区にも同級生がいると
話してなつかしい様子でした。
d0088788_22204167.jpg

高瀬地区の棚田です。
田植えのされた景色も見てみたいです。
d0088788_2212975.jpg

今年初めて会ったジョウビタキです。3羽一緒に行動していて偶然2羽が一緒に写りました。
d0088788_22123970.jpg



[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-06 23:10
雨の滴がキラキラ、よく見ると枝先の芽はほのかに色づいています。

d0088788_2233115.jpg

ソメイヨシノより一足先に北陸固有の「越の彼岸桜」が咲き始めました。
江戸彼岸桜とキンキマメザクラの交配種です。
江戸彼岸より赤みが強く、大きさはソメイヨシノより小振りなのですが何とも可憐な花色です。
高岡古城公園内、その周辺にこの越の彼岸桜がよく植えられています。
日を改めてその周辺の景色を撮影しようと思っています。
d0088788_223584.jpg


夕方から青い空が広がりしだれ桜も一足先に咲きました。
d0088788_2241841.jpg


d0088788_224368.jpg

通り道にあるお寺の境内に大きな紅梅が咲いていました。
うーん、この、山門入り口に咲いていた花の名前を失念してしまいましたが・・・
控えめなピンクの花とつやのある葉っぱが柔らかな雰囲気を醸し出していました。
d0088788_225768.jpg


d0088788_2254029.jpg

ところで猫のマロンは春になり外出時間がだんだん長くなってきています。
先日も真夜中になってもかえってこないので心配になり
見当をつけて山の中に探しに行ってみたりしました。
今日はアラレも降ったりして寒い日、さすがに寒いのは嫌なので外出は控えめ
ぬくぬくストーブの前から動きません。
d0088788_226236.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-03 22:07 |