20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お盆に雨が降って以来10日間日照り続きの富山でした。
ようやく雷とともに雨がふりました。
この雨からようやく秋を感じるようになりました。

d0088788_12243694.jpg

秋風に誘われるかのように澄んだ胡弓の音、編み笠にのぞく暖かな笑顔
初秋の香りを感じさせる「風の盆」前夜祭
おわら風の盆本番前の8月20日〜8月30日の期間
毎晩練習をかねて自らの気持を盛り上げるために11日間の
プロローグを重ね、おわら本番で燃焼する。(案内状より)

富山に住みながら、そのうえ「おわら踊り」は子供の頃からどんなところでも踊る機会があり
美しくは踊れなくてもすぐ輪の中に入れるほど体に染みついてるのに
本場八尾の「風の盆」を訪れたことがありませんでした。

このほど写真教室のメンバーの一人から誘われ
前夜祭を激写??してきました。
すっかり日が沈んだ八尾の景色です。
d0088788_12251513.jpg

雨上がりの湿気、人いきれ・・・
下新町通りの町流しの様子です。
見学、カメラを構える人だかりの中、分け入っての撮影は至難の業でした。
神社の石塀の上にNせんせの姿が見えたので少し場所をゆずってもらい撮影しました!

d0088788_12254850.jpg

暗がり、フラッシュ撮影自粛、三脚遠慮・・・
最も難しい撮影の条件をクリアしてこそカメラ技術向上なのですが・・・
まあ今回は初体験と言うことで
シャッターを切ることが第一歩でしょうね〜〜(^_^;)

d0088788_12263033.jpg


d0088788_12265141.jpg


d0088788_12272688.jpg


d0088788_12274845.jpg


d0088788_1228890.jpg


d0088788_12283724.jpg


d0088788_12292295.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-08-27 12:31 | 田舎の景色

ゴマ栽培あれこれ

富山はお盆を目の前にしてまるで梅雨のような日が続きました。
今日から又夏の空が広がりましたが・・・
かなり、あちー!各地で猛烈な暑さが襲っていますね。

ところで先日完成した田んぼガーデンですが
この田んぼガーデンは一枚の田んぼの1/3を利用しています。
あとの3/2は草むらと
ゴマ栽培として利用されています。
この写真が6月始めに撒いたゴマの株です。
数ミリの種から2ヶ月経つとこんなにおおきな株に成長するんですよ!
 
d0088788_2152286.jpg

健康食品の一つとしてゴマが上げられますが現在国産のゴマはわずか4%程の自給率だそうで
国産の自給率を上げる取り組みがされているそうです。
あまり病気もなく難しい技術もいらないということで
村の若い有志がここで栽培を始めました。
ゴマの種を蒔き発芽したあとほとんどねきり虫の被害を受けてしまって
あとから追加蒔き、ポット栽培して移植したりと順調とは言えないスタートでした。

先に撒いてうまく育った株がこんな可愛い花を咲かせています。

d0088788_2153153.jpg

下の方からから実になってきています。
d0088788_21533181.jpg

ところが昨日葉っぱが棒のようになっていて
よく見ると以前から聞かされていた害虫「スズメガ」が大量発生していると聞きました。
虫が嫌いな方には申し訳ないんだけど
これがスズメガの幼虫です。
ものすごく大きいんですよ7〜8センチの長さぐらいでとても素手でつかめません。
これだけ大きい幼虫なので放置すればあっとゆうまにゴマの株は食べ尽くされてしまいます。
捕獲して退治する以外にないと言うことなので
とにかく複数の目でしばらく畑をパトロールして退治作戦ですね。

去年までここはセイタカアワダチソウとススキ、葛のツルで覆われて荒れ放題だったのに
今は花いっぱいのガーデンとゴマ畑としてよみがえりました。
なんとしてもゴマ栽培もこれからの足がかりとして継続させたいものです。

d0088788_13463585.jpg

田んぼガーデンでは黄色いヒマワリ「バレンタイン」が咲いています。


d0088788_21544151.jpg

雨上がりのヒマワリについた滴に田んぼの景色が映っています。
d0088788_21552128.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2010-08-17 22:10 | ガーデニング

2ひきは留守番

台風が接近して異常な暑さが襲いました。そしてきょうは通過すると雨とともに気温も下がり過ごしやすくなりました。

先日新潟県の親不知に両親を連れて行きました。
親不知で親孝行??と人からからかわれたのですが・・・
そんなわけでその日はマロン、まめはお留守番。
d0088788_22134889.jpg

以前から親不知の澄んだ海の色をカメラに収めたいと思っていたのですが
なかなか時間が取れなくて行く機会を逸していました。
実家からはごく近いため
所用で実家を訪ねたついでに両親も誘いました。
親不知海岸は国道から100メートルほど下にあり急坂の階段を降りる必要があります。
石が堆積した海岸なのでとても透明度が高いんです。

d0088788_221487.jpg

ようやく海岸線近くまでおりました。
かなりよぼよぼの両親です。
特に母は下までたどり着くと足がガクガクしてしまって大小の石がゴロゴロある波打ち際まで行くのを断念しました。
透明度はバッチリでしたが
波打ち際の水温は温水プール並みで
涼を求めての波遊とはいきませんでした。

d0088788_22161141.jpg

ここは富山市内を流れる松川です。
写真教室ロケでこの日催された富山よさこい祭りの撮影で訪れました。
ものすごい大音響の中、携帯電話で連絡を取るために現場から離れ松川のほとりにおりました。
すぐ傍の喧噪と相反しアオサギがゆっくり岸辺にたたずんでいました。

d0088788_22261456.jpg

同じくロケで訪れた「婦負の里」の池に咲く「大賀蓮」です。
「大賀蓮」は今から2000年前の蓮の種から発芽した世界最古の花と推定されています。
たった一粒の種が発芽に成功し、そして今はその株が増やされ日本全国に植えられるようになったとのことです。
トンボ(シオカラトンボ♂)が飛び交い
d0088788_2224517.jpg

クマンバチもブンブン。
大賀蓮はとても透明感のある優雅な花色でした。
d0088788_22252885.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-08-12 22:50 | ペット

夏のある日

うだるような暑さが続いています。
じっとしていてもじわじわ汗、汗。
はい、自宅にはクーラーはありませんからなおさらです。

こんな暑さが続いていますが道端で咲く芙蓉の花は元気です。
ハイビスカスと同じ仲間ですね。
強烈な赤からピンク、白いろんな花色、花の大きさもでかい!
派手な花は田舎の道路沿いには似合ってるかも。
蝶とか虫さんがくっついてくれたらもっとおもしろかったのですが
何しろ30度以上のギラギラ状態では虫も熱中症になりかねません?!
d0088788_15502223.jpg


d0088788_1550575.jpg

この暑さ、川や海に行きたくなります。

我が家のすぐ近く、県境を越え石川県側に入ると大滝という滝があります。
先日の写真教室でせんせー、教室のメンバーを道案内して大滝にやって来ました。。
梅雨明け直後でものすごい水量でした。
滝壺の間近で夏の間流しそうめんを営業しています。

シャッター速度を変えて写してみました。
こっちはおなじみのシャッター速度を遅くした撮影で。
赤い橋がちょこっと見えているのがまずいってことで・・・
評価対象外でした。
d0088788_15513154.jpg

水量が多いので早いシャッター速度で。
が、速度が十分でなくだらっとした流れになってしまいました。

d0088788_15515656.jpg

その帰り道メンバーの一人の方の案内で小矢部市「鼓が滝」に立ち寄りました。
あまり整備されていない知る人ぞ知るという滝でしたが意外にいろんなおもしろいショットを撮ることができたんですよ。
このショットはせんせーが手招きして呼んでくださいました。
木々の緑色が水面に映り込み神秘的な渓流の雰囲気に仕上がっています。
ただし又レリーズ忘れで手ぶれが発生してしまって作品にはならなかったんです。
d0088788_15522643.jpg

ある日の夕暮れ稲に近づくと水滴がいっぱい付いていることに気づきました。
雨も降らないのに夕暮れになると稲は蒸散作用で水滴をつけるんだそうです。
そんなこと今まで全く気づかなかったんですがすごくきれい。

ずーっと向こうで橋の上をバイクが通るのが見えています。
d0088788_15525565.jpg

すっかり日が落ち雲が赤く染まっています。
d0088788_15532176.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-08-07 15:56 | 田舎の景色
梅雨明けから気温がぐんぐん上昇、日照り続きです。
今日は少し夕立があると聞いていたのですが期待したほどの雨が降らずがっかりです。

さて去年から始めた地区の花壇作り、ようやく完成にこぎ着きました!
花壇より高い位置にある道路から7月始めに全体を撮影した写真です。
d0088788_21491370.jpg

朝の光にあふれる庭、全ての花たちは朝露に覆われ潤っています。
(パラソルが傾いているのが気になりますけど・・・)
道路から花壇の入り口までのアプローチに枕木を敷いたら思った以上に完成度が上がったような気がします。
うれしくて枕木に沿って予定になかった花たちも植えました!
d0088788_21495661.jpg

楚々とした多年草ばかりでなく
マリーゴールドやインパチェンスといった派手目の一年草も植え、この暑さにも負けず元気に育ってくれました。
d0088788_21533923.jpg

入り口アーチのそばにはミゾハギ、茨城のブログ友hideさんからいただいたカワラナデシコ
濃厚な香りを放つカサブランカ、ブルーサルビアと思いつくままに配置。
一斉に咲きそろいここもお気に入りの場所となりました。
前日ここの周囲の草むしりをしてあげたので花がより引き立ってます。
d0088788_2154939.jpg

洋風ガーデンに欠かせないクレマチスを6種類植え、中でもこのクレマチスが一番きれいに長期間咲いています。
d0088788_21543353.jpg

レンガのサークルとベンチ、白いパラソル・・・この暑さが一段落したらアフタヌーンティでもしましょうか!
あっ!あと、テーブルがないな一!
d0088788_21551593.jpg

広い田んぼに作った花壇なのでスペースがありすぎて・・・
そのスペースをうめるためにヒマワリやコスモスもたくさん植えました。
数日前から大きく開き始めたヒマワリ。一日中東側を向いてるような気がします。
正面から写せばよかったのですが西日がまともにカメラを攻撃??するためと
青空も入れたしで肝心のヒマワリが横向きになっちゃいました。
m(__)m
d0088788_2156114.jpg

同じくhideさんの友人のバラ栽培農家さんからいただいた深紅のバラです。
今の時期カナブンの攻撃で花がズタズタになるはずですがこの色香に悩殺されたのでしょうか
(^_^;カナブンが近寄ってきません。
d0088788_21554963.jpg


そうそうこのフロリバンダローズ「うらら」はカナブンの攻撃を受けつつも次々と花芽をつけて咲き続け入り口を華やかに飾っています。
d0088788_22427.jpg


ここは棚田の一部である花壇は水はけが悪いからと、排水をよくするために掘った溝。
ここに雨水、しみ出た水がたまって貴重な水源となりました。

d0088788_21565140.jpg

そして水源確保のために掘ったわけではないけどこの溝を残したことがいいことずくめ。
この小さな場所にたくさんのトノサマガエル、モリアオガエル、ゲンゴロウ、その他の昆虫などいろんな生物が集まって来ました。
梅雨明け後のお天気続きで次第に水位が下がって来ていたのですが
最近山からのしみ出た水がこの近くに出ているのを友人が発見。
この溝に流れるようにしたら再び水位が上がって水やりの水に窮することがなくなりました。

と、完成はしましたが雑草との戦いはこれからもずっと続きます。
植えた花の勢いより雑草の勢いが数段上!
とくに去年までここを占領していたセイタカアワダチソウ、ススキ、葛は再進出をねらい
どこからともなく出没。油断は禁物です。(^◇^;)

[PR]
by noriko_muratani | 2010-08-03 22:24 | ガーデニング