20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

絵になる雪景色は?!

連日雪マークが続いています。いったいいつになったら・・・
写真をアップロードしてから見ると黒白、グレーが基調の写真ばかりです。

ええええー、これは昨日の写真教室で撮影した景色です。
撮影タイトルは「雪景色」
雪は山ほどあるけれど美しく感動的な景色は・・・なかなか見つからないと
せんせはおっしゃいます。
雪の肌、樹木に付いた雪の量、形、光、雪の粒子のサイズ・・・
条件は厳しいのであります。
そんなせんせのとぎすまされた目にかなった情景を求めて小矢部の奥座敷、宮島峡に
やって参りました。
(ほとんど私のホームグラウンドではありませんか!)
雪が降りつつも時折青い空が顔をのぞかせることもありました。
ようやくほんのわずかにせんせの目にかなった情景が現れました。
桐の木をポイントに向こうに見える雪山と霧です。
d0088788_10124397.jpg

ハンノキの曲がりくねった樹形も入れてみましたけど。
d0088788_10132153.jpg

宮島峡一の滝。ここは真夏にもやってきました。
雪と水の流れを写すためせんせのラッセルで滝壺まで降りました。
何枚かシャッターを切っていると滝のそばをちょこちょことセキレイが歩いていたのですが
チャンスを逃しました。それが写ってくれたらもっとおもしろくなったのに残念!
d0088788_10135048.jpg

滝は木の枝に付いた雪が溶けてしまって絵にならないといって早々に引き上げ
別の山道を走ってみたけど、せんせの目にかなう景色はない!
唯一この残った木の実に雪が積もっていておもしろいと数枚シャッター切りました。
d0088788_10154591.jpg

午後からは雪がどんどん溶けてしまって・・・
しょうがない!白鳥見に行こう!ということになりました。
(氷見市十二町潟)
しょうがないって言うのは十二町潟は潟の壁が美観を損ねる素材だからです。
せっかく美しい白鳥の飛翔の背景にそれが一緒に写っては台無しですからね。
でも写ってしまいました!
(あとから流し撮りで背景をぼかすことも出来ると聞きました。)
若鳥と親鳥の飛行訓練のようです。
この訓練はすぐ終わってしまって後はみんな陸に引き上げてしまいました。
d0088788_10182356.jpg

このポーズはお休みポーズなんだそうです。

さて、せんせのアドバイス。
ただ白鳥が羽をバタバタしてるのを写せばいいと言うわけではない
白鳥をどう撮って表現するのかちゃんとイメージし
機材を含めた撮影条件を選択していくようにとのことでした。
道のりは遙かですわなー。
d0088788_10185534.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-01-24 10:20 | 写真教室

雪の積もった湖面


♪ふっても〜ふっても〜まだふりやまぬ〜♪
の歌のような毎日が続いています。
屋根雪が落ちて軒下ぐらいまでとどきそうです。
冷え込みが強くなると広いダム湖の湖面にも雪が積もります。
初めてこの景色を見たときは驚きました。
d0088788_20593244.jpg

そんな湖面に帯のような模様が付いていました。
雪のない場所を好んで
カモたちが集まっています。
雲の切れ間から夕陽が湖面を照らしていました。
d0088788_2101535.jpg

湖面を照らす夕陽が強い光になるまで待ってみました。
d0088788_212329.jpg

少し色調トーン加工をしてみました。
d0088788_2123611.jpg

カモたちは雪が積もったところを避けているみたいです。

d0088788_2131912.jpg

カモが泳いだ波紋が模様を作り出します。
見ていて飽きません。

それから日が暮れて湖面は光を失い暗くなってしまいました。
d0088788_2141313.jpg

雪の降りしきるある日
村の神社のおおきなケヤキを見上げると
月がちょうど見えていました。

d0088788_2161443.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2011-01-18 21:08 | 田舎の景色

撮りたくなる雪景色

あけましておめでとうございます!
暮れから雪が続きなかなかカメラを持つチャンスが訪れません。
時々室内でカメラを向けるのはやはりペットですね。
仲良いマメ、マロンのツーショットですが
犬のマメは食い意地が張っていて食べ物のことがきっかけで時々猫のマロンを攻撃、
マロンは警戒しながらマメとつき合っています。
d0088788_155622.jpg

マメが襲ってこないように高いキッチンカウンターで心おきなくご飯を食べるようにしています。
d0088788_15101095.jpg

わたしがカメラを持つチャンスがないように
マロンは外に出るチャンスがなく、体力をもてあましている様子。
絨毯に潜り込んで一人遊びをしています。
d0088788_1561329.jpg

8日はようやく待ち望んだ快晴の雪景色となりました。
平野部ではほとんど木に雪が付くことがないのだけど
さすが山間部は木々にたっぷりの雪が付いていたので
朝からカメラをもって外に飛び出しました。
雲の間からさした朝陽がスポットのように日が射したところです。
d0088788_1512441.jpg

子撫川ダムにも朝陽が届き枝についた雪が輝きました。
しばらく眺めていたらヤマセミの声が聞こえあわててシャッターを切ったのですが
ブレ防止のためにセルフタイマー撮影をしていてシャッターを切るのが遅れて仕舞い、左画面の端っこにゴミのように写っています。
間違いなくここ周辺に住んでいるんだということがわかってうれしくなりました。
d0088788_1515888.jpg

ミズキの枝にこもこもと付いた雪がおもしろいなー。
d0088788_1523555.jpg

棚田のある栃丘地区にも足を伸ばしてみました。
あらゆるものがたっぷりと雪におおわれ寒いけど暖かさを感じる景色です。

d0088788_153382.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2011-01-09 15:10 | 田舎の景色