20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:しだれ桜 ( 11 ) タグの人気記事

高岡市伏木の友人宅「スペースよへさ(屋号)」の庭にあるしだれ桜が今年も美しく開花しました。
見頃を迎えた先週末はこのしだれ桜に迎えられて「さくら・桜・サクラ」
イベントに参加しました。
伏木の住宅街のなかにこんな静かな空間がふっと現れます。

一枝のしだれ桜が風に揺れ・・・
d0088788_22555653.jpg



d0088788_22562456.jpg
上を見上げれば滝のような桜。
久しぶりの青い空と桜のコラボ。


d0088788_22563857.jpgこんな滝なら全身に受けても痛くないねー。


d0088788_9484152.jpg


d0088788_9514418.jpg一房の花が塀の屋根にふわりとのっかっていました。

今日はここよへさで会議を開く方々、
そして会議のあとに「いのちを食す」ジビエ料理が予定されていて
私は桜撮影とジビエ料理をごちそうになるためにお訪れました!
d0088788_22575740.jpg


d0088788_22582929.jpg

そして「スペースよへさ」では
藍九谷の器作家の五嶋直子さんの器展、
安達真理さんのビーズジュエリー展、
富山出身の映画監督浅井康博さんの写真展、
新保さんの金屋町前掛屋の手作りエプロン展など作家さんの作品展が催されており
次々といろんな方々が訪れていました。
d0088788_2302122.jpg



d0088788_2304368.jpg
部屋にはいると目を惹くのが和紙の灯りに照らされた器に浮かんだ鮮やかな椿です



d0088788_231773.jpg
室内から見えるしだれ桜の庭が素敵です。
このしだれ桜はよへさの一人娘「むかいさん」の誕生記念にご両親が植えられたそうです。
樹齢50数年になるそうですよ。
このしだれ桜に惹かれ、むかいさんの人柄に惹かれて集まった多くのかたの交流が生まれています。

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-18 23:01 |
雨の滴がキラキラ、よく見ると枝先の芽はほのかに色づいています。

d0088788_2233115.jpg

ソメイヨシノより一足先に北陸固有の「越の彼岸桜」が咲き始めました。
江戸彼岸桜とキンキマメザクラの交配種です。
江戸彼岸より赤みが強く、大きさはソメイヨシノより小振りなのですが何とも可憐な花色です。
高岡古城公園内、その周辺にこの越の彼岸桜がよく植えられています。
日を改めてその周辺の景色を撮影しようと思っています。
d0088788_223584.jpg


夕方から青い空が広がりしだれ桜も一足先に咲きました。
d0088788_2241841.jpg


d0088788_224368.jpg

通り道にあるお寺の境内に大きな紅梅が咲いていました。
うーん、この、山門入り口に咲いていた花の名前を失念してしまいましたが・・・
控えめなピンクの花とつやのある葉っぱが柔らかな雰囲気を醸し出していました。
d0088788_225768.jpg


d0088788_2254029.jpg

ところで猫のマロンは春になり外出時間がだんだん長くなってきています。
先日も真夜中になってもかえってこないので心配になり
見当をつけて山の中に探しに行ってみたりしました。
今日はアラレも降ったりして寒い日、さすがに寒いのは嫌なので外出は控えめ
ぬくぬくストーブの前から動きません。
d0088788_226236.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-03 22:07 |
昨年、安曇野市の一番山側を走るサラダ街道(R147をほぼ並行に西側を通る)を走っていたとき、遠くからうす桃色の大きな固まりが見えたので、とにかく行ってみようと
ここを訪れました。
三郷小倉のしだれ桜です。
とても大きくて一軒の家がすっぽり入るくらいかしら・・・
あとで写真雑誌などにはよく出ている被写体だったことが分かりました。
樹齢350年だそうです。
やはりこの桜も墓守の桜です。一族がこの桜の下に眠っています。d0088788_21142474.jpg

淡い桃色の花色です。
遠くに松本盆地を見渡します。
d0088788_2103922.jpg

このアングルで撮影しておられる方がいて、私もまねてみました。滝のようです。
d0088788_212493.jpg

シンプルな一重の花です。
d0088788_2131243.jpg

桜に見とれて・・ふと足元を見ると
ヤマエンゴサクでしょうか。美しいブルーの花が私も見てね!と言っているようでした。
d0088788_2122677.jpg

さて帰りのコース
安曇野でお茶をいただくのに必ず寄るカフェがあります。
「アザレア」は雑木林の中にあるお気に入りの所。
d0088788_212449.jpg

店内は窓が大きく切ってあり、数年前さらに足元からの大窓に改装されていました。
訪れたお客さんに森の中を楽しんでもらうこと、
そして森の中にやってくる野鳥を
楽しんでもらおうという計らいなのではと思います。
今は、野鳥は巣作りの時期だそうです。
やって来た野鳥は
シジュウカラが圧倒的に多く
ヤマガラも来ていました。
d0088788_213928.jpg


d0088788_213332.jpg

木の枝を運んできたかと思うと
餌台のヒマワリの種をしきりについばんでいました。
可愛いシジュウカラなのにちょっと不細工になってしまって・・・。
コーヒーを飲みながら
小鳥たちを見ているとあっという間に時間が経ってしまいます。
平日だというのにたくさんのお客さんが代わる代わる来られて人気の高さがうかがわれるカフェです。

d0088788_2154240.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-04-19 22:04 |

白馬・安曇野を訪ねて


つい先日まで暖かかったのですが
一気に気温が急降下しました。
また寒くてストーブなしでは過ごせません。

昨日は年老いた両親をドライブに誘いました。
まあ一年に一度ぐらいの親孝行ですね。
去年安曇野のしだれ桜を一緒に見に行き、
両親の希望(もちろん桜狂いの私の希望でもあります)で、また今年もその桜に会うために信州方面へ行ってきました。
寒気のせいで富山は小雨や曇り空でしたが
長野白馬村まで来るときれいな青空が見えてきました。
白馬村を過ぎて青木湖の手前、R148、JR南神城駅のすぐそばに
姫川源流があります。
よく通っていたところなのに初めて訪れました。

山からわき出た水が小さな小川となります。これが姫川の始まりです。
d0088788_8101999.jpg

源流近くから白馬村方面です。
d0088788_735221.jpg

野鳥ねらいで望遠を付けたカメラを持ち歩いていたのですが人がたくさんいるところにはやって来てくれません。
一頭のクジャクチョウがひらりと草むらに降りてくれました。
d0088788_8115242.jpg

ここは福寿草の群生地でした。ちょうど見頃です。
d0088788_8175335.jpg

カタクリもぽつりぽつり。
d0088788_7374562.jpg

地表からわきでた水で湿原になっています。
d0088788_7363792.jpg

美麻村「山品」で美味しい手打ちそばをいただき
そこから大町市、安曇野へは気持ちの良いドライブコースです。
牧草地にまだ若いしだれ桜が一本ゆらゆら風に揺れていました。

d0088788_7374340.jpg

桜の向こうに見えるアルプスがきれいでした。
d0088788_738933.jpg

ゆらゆらゆれる桜の向こうに
ちょっとおぼつかない歩き!!(失礼)のじいさん、ばあさん(両親)が見えます。

ところでブログ友さん「れんげ畑」さんがこの両親のことをヒントにショートストーリーを作ってくださいました!
コメント欄に書いてくださったのですが
せっかくです、懇願してここに貼り付けさせていただくことにいたしました。
私の名前入りなので恥ずかしいのですが・・・。

昔々おじいさんと、おばあさんが孝行娘と桜を観にいったそうな・・・・・・・そこには昔から村人をいじめていた大鬼がいました。
自分の願はほとんど叶えられるのに一つだけ手に入らないものがありました。
それは親孝行をするという気持・・・どうしても手に入れたい大鬼は、両親を花見に連れてきた娘のnorikoを食ってしまおうと思いました。
大鬼は娘の前に立ちはだかり大きな刀を振り上げた瞬間田んぼの精のれんげ太郎が現れて、鬼を懲らしめました。それを見ていたおじいさんおばあさんは、大鬼をかばってくれました。大鬼は初めて人の情けに触れて大粒の涙を流しました。その涙は大鬼を洗い流し優しい若者に変わったのでした。若者とれんげ太郎はさびれた村を元に戻そうと助け合っていったそうな・・・・・・・
めでたしめでたし   

d0088788_740777.jpg

さて次は安曇野三郷にある
樹齢350年の小倉のしだれ桜、小鳥が次々やってくる素敵なカフェについてエントリーいたしま〜す。
[PR]
by noriko_muratani | 2009-04-17 08:19 |

桜で親孝行しました!?

スペースよへさで花見の会を楽しませていただいた翌日は高齢の両親を連れて安曇野のしだれ桜を見に行ってきました。
黒部川の傍の実家まで迎えに行く途中に桜並木があるので寄ってみました。
黒部川右岸の浦山新の桜はもう散り始めていますが向こうに北アルプス白馬岳が白く耀いてとても気持ちの良い景色が広がっていました。
こんな美しい景色の中で暮らしているからか?両親はおかげさまで長寿なんです。
d0088788_1315526.jpgすばらしいところで暮らしているのに何も遠くまで行く必要もないかもしれませんが時にはドライブして生活の幅を広げることも高齢者には必要だと思うので安曇野まで出かけたというわけです。


d0088788_1321954.jpg安曇野では至る所にしだれ桜があるんですよ。遠くからでも見えるので行ってみるとたいていそこは◯◯
家一族のお墓が集う所です。
しかもかなり樹齢が経っており100年から400年もあるしだれ桜ばかりですから驚いてしまいます。


d0088788_1323991.jpgこのしだれ桜は安曇野山麓線を走っているときに見えたので早速行ってみたしだれ桜です。近づくと幹の太さに圧倒されます。樹齢400年ぐらいかも。個人の墓場なので説明書きはありませんが・・・安曇野三郷北小倉にありました。沢山のカメラマン、しかも県外ナンバー車がいっぱいでした。

d0088788_133090.jpg花色は薄くシンプルな桜ですがこの木の大きさは並ではありません。
両親も来年元気だったらまた見に来たいと行っておりました。

両親を送り再び実家に寄ったところ黒部川で弟が朝早くイワナを8匹ほど釣ったので運良くお裾分けしてもらうことができました。親孝行しただけのことはあったわ・・・
骨酒でいただきです!!
d0088788_13174519.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-23 13:45 | 田舎の景色

花見会の企画である自然農に関わって暮らす「イソップ」さんからお話を聞いたり
トーストさんのアップルパイを食べたりしているうち、すっかり暗くなりました。
d0088788_010910.jpg 桜の下には和紙に包まれたろうそくに火がともされ炎がゆらゆら揺れて
すばらしく幻想的な庭になりました。

夜空から流れ落ちるように・・・・
d0088788_22271571.jpg


d0088788_091987.jpg 「命を食す」というお食事会が開かれました。
山鳥の混ぜご飯、狸、鹿、熊のお料理、お酒・・・たっぷり堪能いたしました。


d0088788_0112764.jpg参加者はそれぞれ多様な暮らし方の方々ばかり。話は尽きません。


d0088788_011566.jpg気がつくと月が静かに私たちを見下ろしておりました・・・。なんというすばらしいタイミングでしょうか!


[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-21 00:26 | 田舎暮らし

”よへさ”のしだれ桜

19日伏木”スペースよへさ”でしだれ桜の花見会が行われました。
2年前友人から紹介され夫の手作り家具展を開かせていただいたところです。
ソメイヨシノは散ってしまいましたが”よへさのしだれ桜は今が満開です。
静かな住宅街の中、日ごと深くなる緑の中に美しい桃色のしだれ桜が現れます。
d0088788_23242955.jpgこの日は高岡にある婦人会のバスツアーのご一行様もお花見や津軽三味線ライヴを楽しまれたそうです。玄関付近から賑やかな声が聞こえてきます


d0088788_23245390.jpgこうして入り口の門の上に枝がゆらゆらゆれています。


d0088788_23251039.jpgマクロレンズで花に近づきました。


d0088788_23255338.jpg去年は鳥の食害で木の上部の花数が少なかったのですが今年は木のてっぺんから枝先までたっぷり花を付け桃色のシャワーが痛いほど?なんです。青い空色の映えていますよ〜♪♪


d0088788_2059310.jpg


d0088788_23261822.jpg一つの花の花びらがとてもおおく、雪のように舞い落ちる様が詩的です。


d0088788_23264130.jpg東建ちの古民家の中のお部屋には庭で咲いた椿が水に浮かべてあり来る人達を迎えてくれます。お部屋から庭を眺めうっとり・・・まったり、ゆっくり時間が過ぎてゆきます。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-20 23:29 | 田舎暮らし
我が家から 金沢へのアクセス道路R8のバイパスが完成し時間が短縮され1時間もかからず市街に入ることができるようになりました。
日本3名園の兼六園が今桜の見頃を迎え、入園料無料開放となっているのでちょっと寄ってみました。

d0088788_9232973.jpg兼六園から金沢城へ渡る石川橋の下です。道路の両サイドに薄桃色ののソメイヨシノが華やかに咲いています。
浅野川と、犀川の二つの川の河岸段丘で形成された金沢の町。
兼六園はその河岸段丘の上部、町を見下ろすようなやや高いところに位置します。

d0088788_9235010.jpg石川橋の橋詰めから金沢城を見たところです。

d0088788_9244916.jpgこのように園内は美しい苔に覆われ植えられた木々は心地よい緑の座布団の上にいるようです。

d0088788_9251917.jpg絢爛と咲くソメイヨシノ。枝からこぼれるように咲いてます。

d0088788_92558100.jpg鮮やかな椿の落下した花も緑の絨毯に映えますねぇぇ。



d0088788_9262115.jpgしだれ桜のゆらゆら揺れる向こうに町並みが見えます。この透明感がいいですね。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-09 09:31 | お気に入り
ひと、もの、こと、と出会える”スペース よへさ”で
さくら、サクラ、桜の会が催されました〜。
(きょねんは”スペース よへさ”で夫の家具展をひらかさせていただきました。)

きのうからこのお祭りが開かれており、きのうは尺八と三弦の演奏、ジャズなどを中心にした夜桜ラィヴなどがあり
きょうは高岡銅器作家さんから「もの作りの世界について」お話を聞くという機会に恵まれました。
よへさのお庭は大きなしだれ桜がちょうど満開を迎えています。窓越しに桜を見ながらいろいろな方とお話をしたり、お茶や和菓子をいただき、お・さ・け・をちょっとたしなんで・・・ゆっくりとした時間が流れてゆきました。

入り口からこうして桜の枝が人々を迎えてくれます。
ああ・・桜好きならノックアウト!でしょ。ベストポジションです!
大きい画像になりましたがリアル感が出たのでこのままにしました。
d0088788_21201347.jpg

お庭に咲く優しい色の椿。よへさ定番のおおきな器に花を浮かべ、和紙に包まれた光でライトアップ。グッドアイデアですね!!
d0088788_21204398.jpg

ごちそうになったけいこさんの和菓子です。桜の花びらが和菓子になったみたい。桜の葉っぱが混ぜ込まれているんですって。ほんのりあまくて香りもあります♪
d0088788_212156.jpg

大粒の桜シャワー
d0088788_21213440.jpg

濃いピンクの八重の花です。
d0088788_2121501.jpg

今年は木の上の花芽が鳥たちの餌になって花数が激減したようです。
でもこおんなに花が空から降ってきて素敵ですぅ。
私もピンクに染まったみたい?!
d0088788_21221019.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-04-15 21:42 | お気に入り
いろんなところの桜をもとめて歩き回りましたが、私のお庭にもすこーしずつ春を感じる花が咲き始めてきました。
いまは山野草が中心です。桜のように豪華さや華やかさはありませんが一年に一度だけのほんの短い期間ひっそりと咲く姿に心惹かれます。
南に面したレンガの道沿い。パンジーが咲いています。
これからわすれな草、風露草、原種のバイオレット、など季節が移ろうに連れて咲き
この道を飾ってくれるでしょう・・・。
d0088788_10355499.jpg

枕木の道です。苔や蔓性の植物に覆われ、ずーっと前からそこにあったようになじんできました。
d0088788_10361460.jpg

この道沿いに咲くツルニチニチソウです。ミニサイズなので少々繁殖してもじゃまになりません。
d0088788_10363894.jpg

イカリソウといいます。船のいかりのように見えるからついた名前のようです。
d0088788_103707.jpg

二輪草です。木漏れ日が好きな山野草です。今日は寒くて花はしぼんだまま・・・。
d0088788_116798.jpg

そしてなんと!しだれ桜です♪♪小さな八重咲きのお花です。
Nさんちの田んぼの畦に植わっていたのですが、田んぼが日陰になるとのことで先日わが家にやってきました♪
かなり大きくなってからの移植なのでストレスとなりうまく根付くかどうか心配なのですが・・・・。
しだれ桜をくださったNさん、移植を手伝ってくださったsumiyakistさんありがとうございました!おおきくなってお花見ができればよいですね〜。
d0088788_10372295.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-04-14 10:57 | ガーデニング