20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:アサギマダラ ( 4 ) タグの人気記事

能登半島の付け根にある宝達山(637m)山頂から千里浜海岸を望んだ景色です。
去年の画像を拝借しました。m--m

24日、今年もここに飛来する旅する蝶、アサギマダラに会いにきました。
9月になって3回ここ宝達山を訪ねて3度目の正直でようやく会えました。
アサギマダラは気温が低いときはじっと身を潜め飛翔しないのだそうです。
24日は夏日のような暑さでしたのでその陽気に誘われたのでしょう。

d0088788_9471389.jpg

アサギマダラの生態調査のためにアサギマダラにマーキングしようと数人の方がタモ持参でやってきています。数千キロ以上離れた海を渡ってやってくる固体もあるようです。
タカアザミ(だとおもいます)は秋の山によく咲いています。
チョウたちにはとっても人気があるみたいですよ。すぐそばにキク科のゴマナもたくさん咲いていますがどの蝶も全くそれには止まりません。

d0088788_9474185.jpg

アサギマダラは中程度のサイズの蝶ですがひらひらとやさしく飛翔しそれは優雅な蝶です。
高い位置を飛んだとき下から見上た浅黄色の羽に魅了されます。
d0088788_9481752.jpg

アカタテハが大発生してアザミに群がっていました。ちょっと異様な感さえしました。
暑い日でしたのでタカアザミの蜜の採取、今が稼ぎ時だと思ったのでしょうか。
d0088788_948465.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-09-25 09:51 | 田舎暮らし
北で羽化したアサギマダラが南を目指して旅立ちます。
ここ宝達山(標高637メートル)にも9月頃に飛来します。
ここ数年前からこの美しい蝶アサギマダラに会うために毎年9月頃にここを訪れています。
山頂から見る景色はイネが黄色く色づき始めています。

d0088788_21304219.jpg


d0088788_21341622.jpgアサギマダラは羽が青緑色の美しい蝶です。ヒヨドリ草、フジバカマ、アザミなどの菊科の花の蜜を求めるということで、アザミの花にいくつものアサギマダラが舞い降りています。


d0088788_21343791.jpg数千キロにも及ぶ旅をすると言うことで最近生態調査のために捕獲してこの羽にマーキングする運動が広がっています。先日地元新聞にこのことが報道されたくさんの見学者が訪れたということで、その日のマーキング数は200まで達したとのことでした。

その中心になっておられる「山の竜宮城」の管理人のTさんが大きなタモを持って捕獲、マーキングしたあと放蝶しました。
気温が20度以下ではアサギマダラの活動性が悪く、この日の朝は姿が見えなかったようです。お昼頃に私が訪れたときは気温が上昇してわずかな時間で10頭以上マーキングできました。
d0088788_2135526.jpg


d0088788_21355158.jpg山頂への車道は雑草が覆い被さるようにはえています。ここを訪れた人の中には雑草を刈ったらどうかという方もいるようですがさまざまな蝶、昆虫のためにこうやってそのままにしてあるということです。


d0088788_21375960.jpgスタジオジブリ作品の中の「天空の城ラピュタ」ご存じですか?
ヒロインの少女はシータといいます。空からひらりと舞い降りたアサギマダラの化身ではないかと・・・


d0088788_2138353.jpgアサギマダラの学名は「シータ」なのだそうです。
うぁぁぁー、ロマンティック!

アサギマダラばかりではなく、ヒョウモンチョウの種類も多く、日のあたるあたたかいところのアザミに複数のチョウが蜜を求めて次々とやってきます。
青い空のひかりがキラキラして美しい画像になりました。
d0088788_21391475.jpg


d0088788_21393635.jpg辛抱強く待っているとカラスアゲハもやってきてくれました。ススキも穂を出してます。


d0088788_21395782.jpg山の日陰には「ツリフネソウ」が咲いていました。よく見るとフグの膨らんだお腹のようで、ユニークな形ですねぇ。
ここ宝達山はブナの森があり自然がとても豊かなところです。
アサギマダラが飛来するというのも大きな魅力の一つです。
それらを求めて訪れる人がたくさんおられるようです。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-09-09 21:44 | 田舎の景色

宝達山から秋の空


毎年今頃になると近くの宝達山に旅する蝶「アサギマダラ」に会いに行きます。
数日前の晴れた日に宝達山を訪ねました。
この日は積乱雲より、こうして空をほうきでさーっと掃いたような見事な絹雲が広がっていました。
宝達山山頂付近にある、「竜宮城」から千里浜海岸を見ています。
d0088788_119127.jpg

山頂から砺波平野を見たところです。
どこを見ても空には絹雲が。
d0088788_1193721.jpg


d0088788_1202257.jpg
残念ながら「アサギマダラ」いるにはいましたが
近くに来てくれなかったので撮影できませんでした。
去年の画像を出しました。m(__)m
また今度晴れた日を待って宝達山に行き撮影したいと思います。


d0088788_1283359.jpg

山を下りこの日は海岸まで足を伸ばしてみました。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-08-24 01:29 | 田舎の景色
22日に雨が降って以来朝夕すっかり涼しくなりました。
朝露が葉っぱの切れ込みについてガラス玉のように光ってきれいです。 d0088788_1903692.jpg

家から県境を越えると能登半島で一番高い山「宝達山(標高637m)」があります。山頂から優美な千里浜海岸線が見えます。
反対側に立つと砺波平野、射水平野など富山県側もずーっと見渡すことができます。
d0088788_21455565.jpg
d0088788_2147222.jpgこの宝達山で、8月から9月に羽化した美しい「アサギマダラ」に会うことができます。羽化したアサギマダラはこれから暖かいところを求めて南下します。その距離700キロ〜1000キロ以上に達することもあるようです。

d0088788_21473869.jpg捕獲したアサギマダラの羽に日付、場所、標識などを記入し放し、次に別の場所で誰かに捕まえてもらい移動経路や日数を調べる「マーキング調査」が愛好家の間で広まっているようですよ。

d0088788_21482411.jpg
山頂でアサギマダラを探して散策していると「ツマグロヒョウモン」も舞っていました。クロアゲハ、アゲハなどたくさんの蝶をみることができます。
d0088788_21512010.jpg山の湿ったところに「ツリフネソウ」が咲いてます。
d0088788_21554935.jpg山頂の涼しい風に揺れていた「シロヤマギク」。優しい野菊ですね。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-08-25 21:52 | 田舎暮らし