20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:イングリッシュローズ ( 16 ) タグの人気記事


写真は数ヶ月前ウエブで見つけたガーデン雑誌「My GARDEN」です。
秋号から定期購読をしています。
今期は星のような形のテイカカズラをベースにアーチにはわせ
そして同系色のイングリッシュローズ「グラハムトーマス」を絡ませた
ロマンッチクなガーデンが表紙を飾っています。
このガーデン雑誌の内容もさることながら・・・
なんで2冊あるのかと申しますと
実は年下の私の可愛い友人がやっぱりウエブでこの雑誌を購読。
今回の表紙を見たとたん
私にぜひ見せてあげたいと送ってくれたものなんです。
この偶然にはびっくりしました。
年は離れていますが通じる物があったんだ!!
早速電話、「え、えーっ!」と言いながらも表紙の庭談義からいろんなお話に発展、
2冊とも、私が持っていてもなんだし、お互いにこの雑誌の庭をお手本にロマンチックガーデンを実現しましようということで1冊はお返ししました。

さてロマンチックガーデンの第一歩として
年下の可愛い友人のほうは赤い蔓バラを購入するし、
私のほうは白バラ「アイスバーク」と「テイカカズラ」の白花を購入することにしました。
もちろんアーチにはわせます。
d0088788_20331480.jpg

蔓バラを玄関に
d0088788_20333976.jpg

アーチをくぐるとそこは・・・
夢はふくらみます。


d0088788_20341613.jpg

外は真っ白い雪がしんしんと降り積もっています。

皆様にコメントで共感を寄せていただいたり励ましていただいたりして
この1年もブログを続けることができました。
ありがとうございます。
来年もまたよろしく願いしますね。
by noriko&まめ

d0088788_2034356.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-12-31 21:32 | ガーデニング

雨にも負けず


長雨が続き日差しがとても少ないなかでも
庭の花は辛抱強く耐え花を咲かせています。

白い鹿の子ユリがたくさん咲きました。
関東のブロガーさんからはヤマユリの便りがいくつかとどいています。
大きくて優雅なヤマユリがうらやましいな・・と思っていましたが
この小さめだけど真っ白い鹿の子ユリも負けてはいません。

d0088788_2049339.jpg

ここ2週間ばかり時間が取れずまた雨の日が続いたりして
庭の手入れを怠っていましたら草に埋もれそうでした。
鹿の子ユリの手前の葉っぱは桑の木の葉っぱ!
かつてここの部落では蚕を飼っていたとか、
そのせいかどこからでも桑の木が出てくるんです。

d0088788_20492093.jpg

春のパンジーから入れ替わって植えたインパチェンス。これは雨が好きみたい。
ボリュームアップしています。
d0088788_21535329.jpg

バーゲンで購入したダリア(ダリアは毎年バーゲン!!)も元気です。
d0088788_20493977.jpg


d0088788_20495431.jpg

花は小振りながらも夏になってから次々花を咲かせ庭を彩る
ヘリテイジ。イングリッシュローズの中では一番強健です。
d0088788_20502710.jpg

ヘリテイジのバックには蔓バラアンジェラも次々花を咲かせています。
雨が降り低温だからか
カナブンの被害が少ないみたいです。
d0088788_20504535.jpg

ブッドレア、次々大きな花房が紫色に染まります。
d0088788_2051020.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2009-08-11 20:53 | ガーデニング
ここはすぐ近くの子撫川(こなでがわ)ダム湖です。
まだ本格的な紅葉ではないのですが、水面に映り込んだ紅葉がとても美しいと思いました。
d0088788_2334189.jpg


庭の花たちも数が少なくなり終わりを迎えようとしています。
秋バラは剪定がうまくいかなかったからか?ぽつんぽつんとしか咲きません。
朝、初々しいバラの葉っぱにコロンとした滴がのっていました。
d0088788_23164178.jpg

イングリッシュローズ、ヘリテージ。
春から秋まで絶え間なく花を咲かせてくれる優等生です。
d0088788_23165899.jpg

一期咲きといわれるピエール・ド・ロンサール。返り咲きするとは思ってなかったのですが、いつの間にか一輪だけ花を咲かせていました。
初夏のうす桃色の花色と違って濃い花色です。
d0088788_23172795.jpg

折り紙を広げたようなアサガオ、ヘンリーブルー。成長が猛烈。あらゆる所までつるを伸ばしていましたがこちらもそろそろ終わりです。d0088788_23174788.jpg

ムーンワルツというダリア。だんだん濃い花色になり庭のフィナーレを彩っています・・・
d0088788_2318318.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2008-10-31 23:20 | ガーデニング
夏らしい花が次々咲いてきました。蝶を呼ぶという「ブッドレア」です。咲きはじめはきれいなんですが花が終わるどんどん茶色になって見苦しくなってきますが蝶を呼んでくれるというので・・・。
4季咲きのクレマチスとのコラボ。青い空と似合っています。
d0088788_23195846.jpg


d0088788_23235899.jpgナスが収穫できるようになりました。丸っこくて大きいのでべーナス?だった?



d0088788_23242418.jpg月桂樹、フェンネル、収穫したナス、友人が作ったズッキーニー、トマト、パプリカ、玉葱、オクラ、など夏野菜を使ったラタトィユーを作りました。


d0088788_23245747.jpg少し濃いめの味付けにしてパスタにかけてたべ、残りはカレーの具に転用しました。作り置きもできるのでとっても便利料理です!


d0088788_23252012.jpg
日中の強い日差しの中情熱的な赤いバラが庭を飾ってくれています。
春の一番花が貧弱だったので二番花が挽回しています。
イングリッシュローズの「ウイリアムシェイクスピア」といいます。


d0088788_23254529.jpgカナブンの攻撃を受けながらもけなげに開花しました。


d0088788_2326987.jpg同じように紫がかった赤色の「ツーエンフェイウェー」といいます。どちらもバラの芳香が漂います。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-07-16 23:54 | 田舎暮らし

初夏の風に吹かれて

小矢部川の流れを向こうにそよそよと初夏の風に揺れる植物たちです。
何となくこの景色に惹かれてカメラを向けてみたくなりました。
暑くもなく冷たくもない爽やかな風が吹いています。
d0088788_2157578.jpg


d0088788_21572372.jpgアカツメクサやイネ科の植物に近づいてフォーカスしていたら草むらの中にこんな小さな花が咲いているのを発見!。
こちらにコメントを頂いている庭花さんがエントリーしておられた「マンテマ」という帰化植物です。見逃してしまいそうな小さな花です。
きっと「写して!」って私を呼んだのかな・・・。


道草をして帰宅すると庭の花たちも次々開花しています。
バラの話題が多くて恐縮なんですが・・・
友人から写真写りがきれいねなんてほめられ
嬉しくて今日もバラ中心になってしまいました・・・・。(^^ゞ
d0088788_21573948.jpg



d0088788_2158428.jpgソフトピンクの優雅な形。イングリッシュローズの「エグランティーヌ」


d0088788_21582767.jpgおしべの先がクルッっとして、いかにも虫たちを「カモン〜」って誘っているようなフウロウソウでしょ。
去年花が咲いたあとエネルギーを使い果たしたのかすごく弱ってしまい今年は花が少なかったんです。


d0088788_21585498.jpg半蔓バラの「フロスベリティー」上品な中輪のバラです。かなり虫に食われてしまって奇跡的に残った花でした。


d0088788_2261079.jpg
イングリッシュローズのグラミスキャッスルです。カップのような完璧な形で咲きました。
かたちがまるくてふわりとしたイングリッシュローズらしい優雅な花だと思います。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-06-04 22:06 | 田舎暮らし

お庭でティータイム

バラやいろいろな花が一斉に咲き嬉しいのですが、
この季節は植物の成長の勢いが旺盛なので雑草があっという間にはびこり
、コナラや、もみじなどがうっそうと生い茂りジャングルのようになっています。
刈り、雑木の枝おろしなど雑事に追われてゆっくり楽しむ時間が無いくらいです・・・

天候不順気味で晴れた日が少なくなるとか・・・
今日はまだお天気がよいのでバラを眺めながら
お茶をしよう!と決めました。
今年に入ってはじめてテーブルとパラソルを庭に出しました。


d0088788_2275596.jpg濃い紫の「キャンティ」というイングリッシュローズです。ベルベットのような花びらです。
フォックスグローブと組み合わせました。


d0088788_2281836.jpgクリアーな、紫色の「マゼンダ」です。この花には不思議と虫が付きません。虫には嫌われたのでしょうか?


d0088788_2283384.jpg玄関のすぐ前のスペースにはシナわすれな草、デルフィニューム、が咲いています


d0088788_2285244.jpgこれから晴れた日は庭にに出てコーヒータイムするのが楽しみです。今日は夕食後キャンドルをつけて食後のお茶も楽しみました。



d0088788_2291152.jpg白いシャクヤクの花が満開になりました。
ブルーの花のニゲラがそっと寄り添って咲いてます。


d0088788_2293424.jpg畑にはジャーマンアイリスが増殖中です。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-05-30 22:11 | ガーデニング

norikoガーデン

今日はこの秋一番の冷え込みになりました。
庭のバラが最後の花を咲かせています。春に咲いた花の色とは違い濃厚な色になっています。
今から、鉢で育てていた薔薇は地面に下ろしのびのび育てたいので移植したり、日当たりが悪くて生育の悪い薔薇も環境をよくてあげたいので移動させたりと冬に向けての作業がいろいろあります。
つる薔薇の蔓も整理しなければなりません。
来年も綺麗に咲いてもらうため手間は省けません。11月は気ぜわしい季節です。

「柏葉アジサイ」は名前のとおり柏の葉のようです。綺麗に赤くなってきました。
d0088788_13385333.jpg


d0088788_2124396.jpg
園芸種の「トリカブト」です。ディープな紫色になってきました。キンポウゲ科なのでデルフィニュームによく似ています。



d0088788_1340397.jpgイングリッシュローズ「ヘリテージ」完璧なカップ咲きです。今年はよく咲いてくれました。


d0088788_2142194.jpgイングリッシュローズ「ガートルドジキェル」小さな株に一輪だけ咲きました。濃厚な香りの薔薇です。

d0088788_2153691.jpg時間を変えて撮影しました。春はピンク色。秋はダークなピンク色になりました。実は秋に咲くのははじめてなのでこんな色になることを知らなかったのです。
無農薬栽培にするとなかなか四季咲き性を発揮しにくいと言われていますが・・・。すばらしいローズ香を放っています。



d0088788_13404932.jpgフロリバンダロースの「オクタビアヒル」強健な薔薇ですくすく育ちます。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-08 13:43 | ガーデニング

秋の薔薇

四季咲き性の薔薇がぽつぽつ咲いています。
気温が下がると花持ちがよく、また花色も濃く素敵ですよ〜。
木を充実させてから地面に移植しようと思っているので今は鉢植えの薔薇が多く見た目はあまりしっくりしていませんが紹介しますね。

d0088788_2241095.jpgイングリッシュローズの「ジュビリーセレブレーション」です。花の色が濃くて素敵です。

d0088788_2244439.jpg同じくイングリッシュローズの「シャリファ アスマ」ピンクのグラデーションが美しいですね。


d0088788_22141657.jpg
名前の通りアプリコット色の「アプリコットネクター」と言います。
去年土を新しくして植え替えしたらすばらしくきれいに咲き
花数も多く玄関先に置いてあります。

d0088788_2216441.jpg
蔓性の「コーネリア」
あまり成績がよくなくて花数が少ないのですが
春より花の色は濃いですね。どれも朝露にぬれしっとりと、華やかに我が家を飾ってくれています。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-10-02 22:33 | ガーデニング

9月の庭に咲く花

雨の日が数日あってからは庭の花たちは元気を取り戻してきました。これから日が短くなり気温も下がってくるので花の色は濃くなってきます。
初夏にはあふれるように咲いていたたくさんの花も終わってしまいましたが
9月ならではの花も咲いています。

バラは8月の間花芽をつけても摘花していました。コガネムシの攻撃を受け無惨な姿になるのと秋の花を愉しむためエネルギーを消耗させないようにしていたからです。
でもうっかり取り残した花芽がありとてもきれいに咲いてくれたバラもあります。
その一つ、イングリッシュローズの「キャサリンモーリィ」です。
ラベルは強健種となっていますがデリケートなバラです。
d0088788_2192458.jpg


d0088788_2195659.jpg今年は生育がよく春にはたくさんの花を咲かせたイングリッシュローズの「ヘリテージ」です。
ソフトな優しい花です。


d0088788_21111223.jpg富山の深山「利賀村」から来た「山トリカブト」です。気温が下がってきたので紫色に色付いてきました。



d0088788_2112026.jpg四季咲きのクレマチスです。ラベルを紛失して名前がわからないのですが、花が終わって強く選定するとしばらくして新しい花芽をつけうまくいくと年に3回くらい花を咲かせてくれます。


d0088788_21123345.jpgサルビアの仲間の「モナラベンダー」。葉の裏側もシックな紫色です。去年の秋に購入して家の中で冬越しし、ようやく咲いてくれたちょっと手のかかるサルビアです。


[PR]
by noriko_muratani | 2007-09-01 21:52 | ガーデニング

庭仕事三昧!

休日だった今日は朝早くから庭に出て夕方暗くなるまで庭の手入れを続けました。
と言うのもたくさん咲いてくれた薔薇達はかなりお疲れモードなのです。
少しお休みしていただき、栄養もつけていただかなくては。

終わった花を摘んで軽い剪定をして、薔薇の周りの茂りすぎた植物をカットして風通しをよくしたり、木酢液を希釈して散布し活力を与えたり、お礼追肥もしてあげました。

遅めに咲き出した薔薇もまだあり、庭には華やかさが残っています。
手前の薔薇はオールドローズ「シャルルド・ミル」その横はまだグリーン色ですが、
だんだん白くなるあじさいの「アナベル」です。
向こうの方にも薔薇がぽつぽつ。
d0088788_085862.jpg

葉がしおれないように朝の気温の低いときに家の庭に咲いた野いばらで
リースを作りました。ギボウシの葉っぱの上に置いて撮影。
d0088788_0111587.jpg

イングリッシュローズ「エグランテーヌ」です。やさしいピンク色です。

d0088788_092174.jpg

オールドローズ「ロサ・ケンティフォリア」といいます。ケンティフォリアとは百の花弁を持つという意味だそうですがこれはさほどでありませんね。
日当たりがいまいちの所に長く植えて息も絶え絶えだったのを日当たりのいいところに植え替えしてことしは数年ぶりに咲いてくれました。^^
ヨーロッパ中世の絵画に登場する薔薇と言われとっても歴史が古いんですよ。香りも高く素敵な薔薇です。
d0088788_094548.jpg

同じく「ロサ・ケンティフォリア」
支柱を自然素材の木の枝にしました。
d0088788_010111.jpg

フランスの詩人の名前からつけられた「ピエール・ド・ロンサール」
現代薔薇です。ピンクのグラデーションが素晴らしく美しい薔薇です。
完璧な姿で咲いたのは2個ぐらいでしたね。
去年購入して植え、始めて咲きました。かなり生育が旺盛な蔓薔薇だそうです。
これからが楽しみです。
こぉんなふうに花を眺めながらの作業は楽しくてしかたなく、きりがなくて・・・。
夕食の準備の時はおばあさんのように腰が曲がってしまいます^^;
d0088788_0105286.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2007-06-19 00:39 | ガーデニング