20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:カタクリ ( 3 ) タグの人気記事

早春の光をうけて

遠くの山がぼんやりかすみ暖かい一日でした。
今日は富山市八尾の山奥に咲くカタクリに会いに行ってきました。ここ庄川右岸では
ソメイヨシノはまだつぼみですが一足先に江戸彼岸桜は満開になっていました。この桜の咲く土手に玉葱の原種??の「のびる」がでていてひとしきり夢中になって掘り出しました。
今夜はのびるの天ぷらですね。
d0088788_2295088.jpg

カタクリと同じ時期に咲くキクザキイチゲ、山陰にひっそりと咲いていました。
d0088788_22102569.jpg

雑木林から差し込む光を浴びて輝くようなカタクリです。

ー追記ー
越の彼岸桜が御縁で訪問してくださった kaguragawaさんよりいただいたコメントの中で
山形出身の日塔貞子さんの詩「美しい春の来る村」を紹介してくださいました。
とても素敵な詩なのでこちらでもぜひ紹介させてください。
今回訪ねた八尾の景色、香りが漂ってくるように感じました。

     明るく谷間をうずめて 光のそよぐように
     雨ふり花や堅香子の花の咲く
     静かな山の村があるのだという
     美しい春の来る村があるのだという

上の花のキクザキイチゲについて
おなじくkaguragawaさんによると
詩の中の「雨ふり花」は山形では、キクザキイチゲなどもふくむキンポウゲ科イチリンソウ属の花の総称のようです。

d0088788_22104982.jpg

なんと一緒に行った友人はここの近くの出身なので子供のころはカタクリがたくさんあり
煮て食べたと話していました。とても美味しかったそうです。
d0088788_22111315.jpg

はじめて見るルリタテハです。成虫で越冬するそうです。
そしてここで絶滅危惧種のギフチョウが舞っておりました。残念ながらカメラに納めることができなかったのが心残りです。
道の様子を見るためにカメラを持たずに車から降りた瞬間ちらちらと飛んで見えなくなってしまいました。カタクリのそばにはギフチョウの幼虫の食草、カンアオイがたくさんありましたから間違いありません。
一人だったら粘ったのですが・・・
d0088788_22131573.jpg

八尾の隠れ里のような高瀬地区。
以前ここを訪れたときに道端にまであふれるように咲いていた
カタクリの花が忘れられずやってきました。
秘境のような場所なのと雪がようやく消えたところのようで
案の定ほとんど車が通った形跡が無く
土砂が落ちていたり倒木が道にまでありドキドキしてしまいました。
友人は高瀬地区にも同級生がいると
話してなつかしい様子でした。
d0088788_22204167.jpg

高瀬地区の棚田です。
田植えのされた景色も見てみたいです。
d0088788_2212975.jpg

今年初めて会ったジョウビタキです。3羽一緒に行動していて偶然2羽が一緒に写りました。
d0088788_22123970.jpg



[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-06 23:10

落ち葉の中から

木々の芽吹きまえ、林の下にはさまざまな可憐な山野草が咲いています。
砺波市の寺尾方面にカタクリの花を探しに行きました。
車を走らせて行っては見たものの山の北側斜面だったからか一輪も見あたらず、またの機会か・・・とあきらめ同じ道を下っていたところ数件の集落がある家の斜面に咲いているのを見つけました。
d0088788_856572.jpg
落ち葉がたっぶりあるふかふかした斜面には何種類もの山野草が咲いていました。

d0088788_8571883.jpg早春の花の代表的なカタクリです。スキー場などに一面に群生していることがあります。家に持ち帰って移植してもなかなかうまく咲きません。

d0088788_8573729.jpgヤマエンゴサクです。ケシのなかまです。海外のガーデン雑誌にはこれを「コリダリス」といって特集を組んでいます。高い山や、北海道では同じ仲間の「エゾエンゴサク」というのがあり大変美しいブルーなのだそうです。

d0088788_8575120.jpgこのヤマエンゴサクも薄いブルー、なかなか美しいと思います。

d0088788_8581621.jpgユリの仲間の小さな「コバイモ」です。目をこらさないと見逃してしまうような花です。
この花の園芸種ガいくつかあるようです。

d0088788_8583663.jpgアネモネの仲間の「キクザキイチゲ」です。こんな濃い色を見たのははじめてです。土の成分でこのようになったのかしら?
風に揺れていました。


この花たちは花が咲き終わると地上部は枯れてしまい姿を消します。
早春のこの時期だけ可憐な姿を見せてくれるんですよ。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-06 09:04 | お気に入り
ようやく穏やかな青空の日差しがもどってきました。
青空を眺めながら、そろそろ私の大好きな「ムシカリ」が咲いているかもしれないとおもい近くの雑木林に出かけました。
おもったとおりすこしづつ木々が芽吹く林の中「ムシカリ」が真っ白い飾り花を開きはじめています。清楚です。
d0088788_231430100.jpg

落ち葉をかさかさ踏みしめ林の中を歩き、ふとみると「しょうじょうばかま」が顔を出しています^^。
d0088788_20627.jpg

落ち葉の間から顔を見せているこちらは「かたくり」
d0088788_2061913.jpg

*注 高岡古城公園で栽培されたものです。

そして家の玄関に「ムシカリ」の大振りの枝を竹かごに飾ってみました。
d0088788_207392.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-04-10 20:26 | 田舎暮らし