20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

裏庭でひっそり

裏庭では雑草がはびこり目を覆いたくなるほどです。
そんな中いくつかの秋を感じる物がありきれいだったで思わず切り取りました。
ブルーのありきたりなアジサイがグリーン色に変わっています。いくつかの束にして乾燥させています。
お好きな方にプレゼントしてもいいかも。
d0088788_18534311.jpg


d0088788_1854115.jpgお茶の花です。椿の原種のようです。真っ白い小さな花、しべの黄色が花と変わらないくらい大きいです。


d0088788_18543360.jpg竹の花器に一輪添えました。


d0088788_1854497.jpg
梅もどきも草むらから顔を出していました。


d0088788_18552437.jpg
つい夕方になると夕陽が気になってしまいます。あしからず。
仕事中窓を見るとこんな真っ赤だったのでシャッターを切っておきました。くっきり山の向こうに太陽が隠れかかっていますね。
田んぼで何かを燃やしているため周囲が煙でおおわれまるで霧のよう・・・
[PR]
by noriko_muratani | 2008-10-15 18:57 | ガーデニング

夕陽が山に沈むところを見逃さないわ!と、今日も高岡市内からの帰りは日の入りに近い時間でしたので小矢部川に架かる橋の上に立っています。
山の少し上に雲が・・・・
d0088788_20552250.jpg

雲の間から見える太陽です。
全体が見えるととても大きな太陽だった・・のに。
d0088788_20554325.jpg


d0088788_2056585.jpg

家に着くと猫のマロンがこんなにまあるくなっていました。
d0088788_20564388.jpg

今週は好天が続きましたが日曜はお天気が崩れるようですね。
d0088788_2057183.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2008-10-04 20:58 | 田舎の景色

海に沈む夕陽

富山県側からは、能登半島が突き出ているために海に沈む夕陽を見ることができません。

今日は朝から快晴、爽やかなお天気になり、きっと夕陽もきれい!
いつもは山の向こうに沈む夕陽しか見ることができないので県境を越え
石川県側の千里浜海岸近くまでやってきました。
ちょうど太陽が沈むところにあれっ!雲が・・・・。厚めの雲なのですっぽり太陽が隠れてしまいました。
d0088788_0373346.jpg


d0088788_0375417.jpg空と海が果てしなくつづいています。


所々、雲の隙間があってその隙間からちらと顔を見せまた雲に隠れ・・・・
d0088788_0381619.jpg

海岸は思ったより風が強く高めの波がたえまなく押し寄せています。
海に沈む寸前、ほんのちょっとだけ夕陽を見ることができました。

d0088788_0384365.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2008-09-25 00:55 | お気に入り

続・ふるさとの景色


今日朝も雷の鳴り響く音で目が覚めました。
そしてまた激しい雨・・・
庭の花はこれだけ強く雨が降るとたまったものじゃないでしょう。
雨の中で、ダリアが咲いてくれました。
見切り品ワゴンの中から見つけて植えたダリアがこんな優しい色だったなんて得しましたぁ!

d0088788_22532654.jpg

先日実家を訪ねた際、夕方から白馬岳が姿を見せてくれました。
夏にこれほどきれいに見えるって珍しいです。
d0088788_2254487.jpg

そして以前から実家を訪ねたさい、できれば夕陽を撮影してみたいとおもっていました。
とにかく雨女なので実家に行くとたいてい雨か曇りなんですよ・・・。
先日は私の願いが叶い、夕陽を見ることができました。
黒部川扇状地の右側は河岸段丘を形成しています。少し小高くなって見晴らしがよい下山(にざやま)付近です。

d0088788_22543361.jpg陸地の向こうに富山湾、その向こうには能登半島が見えています。

下山の上の舟見には中学時代からの友人が住んでいて(このブログにもコメント寄せていただいています)この日はこの友人を誘い一緒に夕陽を眺めたんですよ。
長いおつきあいをしている友人と夕陽を眺めるなんて素敵でしょ!
d0088788_22551167.jpg6時40分頃太陽は能登半島の向こうに沈みました。


d0088788_22553217.jpg雲まで赤く染まりました。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-08-19 22:57 | 田舎の景色

夕日に染まる散居村


18時40分。
日没まであと15分ほど。
こちらは砺波、夢の平展望台から砺波平野を見下ろしています。
水が張られて湖のような田んぼ、かいにょに囲まれた家々が点在する散居村が夕日に染まっています。
d0088788_21395930.jpg

今日の日没時間は18時54分。一日中好天だったので夕陽もきっときれいだろうと見込んで標高510mの夢の平展望台に向かいました。
山を登り始めたところ前をはしる車が猛烈なスピードで山を登っています。
何でそんなに急ぐのかしらと思っていました。
夢の平についてからその訳がわかりました。きっとその車の方もこの夕陽を追いかけてスピードを出してのでしょう。
見晴らしの良いところの道路は車(県外ナンバー多し!)が数珠繋ぎで駐車され展望台のベストポジションは占領状態でした!
そして驚いたのはその夕陽のすばらしいことです!
空も散居村も人も赤く染まっています。
d0088788_21402254.jpg


d0088788_21403910.jpgもう少しで山の向こうに沈んでしまいます。展望台の上は寒くて余韻を楽しまずに車に戻りました。
もう辺りは暗くなり・・・夕食の準備もしなくてはっ!

[PR]
by noriko_muratani | 2008-05-17 21:42 | 田舎の景色

雑穀ごはん&カレー


blogお友達のrafmaninofさんが先日、築地本願寺境内にあるレストラン
「CAFE DE SHINRAN]で雑穀カレーをいただいたそうです^^。
私も早速雑穀を混ぜたご飯と、キノコや野菜をたっぷり使ったカレーを作ってみました。
d0088788_159822.jpgオーガニック野菜と鶏肉を入れました。雑穀の入れ具合が少なかったので見えにくいかな・・・・。


d0088788_1593131.jpg
カレーとは関係ありませんが、感動的な瞬間を撮影しましたのでアップしますね^^;
先週撮影した夕焼けです。夕方仕事を終えて帰ろうとしたわずかな間でした。
同僚に見て!見て!と誘ったんですがそれほど反応が無くて、私一人感動していました;;
すっきりしたお天気が無くって久しぶりだったんですもの。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-02-06 15:23 | 田舎暮らし

お正月の夕景


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
元日の今日は雪景色の中で迎えました。
おかげさまで2年前の豪雪のことを思えば雪景色といってもたいした雪の量ではありません。
太平洋側では美しい日の出が見られたようでちょっぴりうらやましくおもいましたが・・・。

d0088788_2224351.jpg通勤道路の傍の雑木林です。ほんの2ヶ月程前は美しい紅葉でした。春には芽吹き、また私たちを楽しませてくれるでしょう。

d0088788_22245962.jpg日の出が見れなくてがっかりでしたが仕事を終え帰宅時、西に向かっているとほんのわずかな雲の切れ間から夕陽の沈む空が見られたので撮影しました。
小矢部川にも夕陽が反射してオレンジ色にかがやいています。日が沈み薄暗くなるまで眺めていました。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-01-01 22:26 | 田舎の景色
”けあらし”を撮影した土曜日は穏やかな小春日和でした。しかしそれもつかの間。午後から瞬く間に雲が広がり本当の嵐になりました。
そして昨夜から降り出した雪は、朝外に出ると5センチぐらいは積もっていました。とほほ・・。
11月に雪が降ることは今までもありましたが記憶の中では一番はやいと思います。
長期予報では積雪量は少ないといっていますがあてになりませんから、今後が気になるところです。


d0088788_23401124.jpg足跡はマロンの足跡です。
冷たいのは苦にならないのでしょう。朝方まで私と一緒に眠っていたはずなのにいつの間にか外に出てパトロールしていたようです。


d0088788_23403510.jpg出勤中の車の中で撮影しました。平地まで降りるとだんだんすくなくなりました。車のボディに雪を乗せて走っているのがちょっと恥ずかしいくらい・・・


d0088788_23405267.jpg朝が冷えた分夕焼けがきれいです。

d0088788_23411056.jpg立山連峰が夕陽であかーく染まりました。今夜はますます冷えそうな気配です。

[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-19 23:47 | 田舎暮らし

早朝から日没まで


朝起きるとあたりは霧が立ちこめていました。
夫は最近ウオーキングをしています。
早朝から子撫川(こなでがわ)上流のここより標高の高い所まで歩いてきたと話、村は雲海の中だったとのこと。
朝食もそこそこにして私も雲海を!と飛び出しました。
しかし時間がたっていて雲海は消え失せていました。

引き返して、村の近くまで来たところでは川の流れに沿って霧がまだ立ちこめ水墨画のようにきれいだったのがせめてもの救いでした。
d0088788_22465211.jpg

畦の草も紅葉しています。草紅葉ですね。パステル画のようです。まだ霧がすっきり晴れていません。
d0088788_22472283.jpg

職場から見えた日没の太陽がおおきく真っ赤に染まっていました。
室内では電線が写ってしまうので外に出て撮影していると近所の顔見知りのおばさんが何しているのか訪ねたので
夕陽がきれいやーよっていってあげました。
「あちゃぁー!きれいやちゃぁぁ」と見入ってました。
日没早いです。まだ5時頃なのに、帰宅時間が気になるこの頃です。
d0088788_2248118.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2007-11-14 22:49 | 田舎暮らし