20数年前に富山の山里で田舎暮らしを始めました。私は薔薇を中心にガーデニングを楽しみ、夫はオーダーメイドの手作り家具を作っています。猫や犬がいつも一緒。そんな暮らしの日々を綴っています。


by noriko_muratani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:江戸彼岸桜 ( 7 ) タグの人気記事

それぞれの桜

暖かいと思ったらあっという間に寒くなるそんな日が続いていますね。

桜とひとことに言ってもいろんな所にいろんな種類の桜が咲いています。
山の中に点々とピンク色の野生の桜が咲いていたり、見事な桜並木であったり、庭に咲く桜であったりとそれぞれに美しさがあって心惹かれます。
我が家のそばを流れる子撫川(こなでがわ)、宮島地区にこんな桜が咲いているのを友人に教えてもらいました。
数年前に偶然通って見て以来あまりの美しさにしばらく毎日通ったという桜だそうです。
この桜は多分、江戸彼岸桜だと思います。花色が濃いピンクです。
d0088788_21312536.jpg

こちらは小矢部市田川の斜面に一本咲いていたソメイヨシノです。
周りの雰囲気をふわっと優しくしてくれます。晴れていればよかったのだけど。
d0088788_21315529.jpg

ここは朝日町船川べりの桜並木です。
あいにく雨が降っていて船川は濁っていました。
濁っていなければ渓流のような雰囲気のある川。
そして樹齢52年、堂々としたすばらしい樹形のソメイヨシノの並木道が続いています。
d0088788_21321874.jpg

先週の週末は福岡町の岸渡川桜祭りで船下りを撮影しました。
娘がチケットを買ってくれて私も乗ってみました。どちらかというと上から眺めていた方がいいかもしれません。
d0088788_21323945.jpg


d0088788_21325725.jpg

ところで先日初めて日本野鳥の会の探鳥会に参加しました。
野鳥のことをもっと知りたいと言っておりましたらブログ友さんの「愉快な仙人さん」からアドバイスをいただき日程調整をしての参加となりました。
今回は地元子撫川ダム周辺での探鳥会でこれは願ってもない場所。
あいにくの雨でしたが鳥たちとの出会い、又野鳥を愛する人との交流を求めて初参加です。
どんな双眼鏡がいいのか分からなかったのでおすすめを聞いてから購入しようと
考えていました。
時々探鳥会に参加するという方はニコンの10倍のを買ったと話しておられたので
私は8倍のを購入しました。
これから野鳥観察をもっと楽しめそうです。
d0088788_2133161.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-14 22:07 |

堂々と一本桜

高岡市柴野地内に咲く一本桜です。
小矢部伏木港線の柴野地内にはいると西側の杉林が見える山にこの大きな桜が見えてきます。
すばらしい青空が広がるこの日にほぼ満開になりました。
この桜の木がある山の地主さんからお話を伺うことができました。

江戸時代このお宅の先代が加賀藩高岡城にあった越の彼岸桜と思われる苗木を植えたらしい・・・
樹齢は180年ぐらいではないかとのことでした。
桜の種類を県中央植物園で調べてもらったけど越の彼岸でなく江戸彼岸らしい?と話しておられました。
一言に180年の樹齢と言ってもこの地主さんが知っているだけでも台風や雪の被害で枝が折れたり、杉にじゃまされて見えなくなっていたり等々いろいろあったそうです。
よくここまで育ってくれたものだと淡々と話してくださいました。
桜の根本入ると踏みつけて根が傷むので山の下から眺めて欲しいとも言っておられました。
d0088788_22594334.jpg

左側から見ました。
d0088788_230368.jpg

やや右寄りから見ました。
ソメイヨシノの優雅な花も素敵だけど
長年にわたって力強く咲き続けているこの野生種の桜も魅力的です。
d0088788_2303210.jpg

[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-09 23:06 |

早春の光をうけて

遠くの山がぼんやりかすみ暖かい一日でした。
今日は富山市八尾の山奥に咲くカタクリに会いに行ってきました。ここ庄川右岸では
ソメイヨシノはまだつぼみですが一足先に江戸彼岸桜は満開になっていました。この桜の咲く土手に玉葱の原種??の「のびる」がでていてひとしきり夢中になって掘り出しました。
今夜はのびるの天ぷらですね。
d0088788_2295088.jpg

カタクリと同じ時期に咲くキクザキイチゲ、山陰にひっそりと咲いていました。
d0088788_22102569.jpg

雑木林から差し込む光を浴びて輝くようなカタクリです。

ー追記ー
越の彼岸桜が御縁で訪問してくださった kaguragawaさんよりいただいたコメントの中で
山形出身の日塔貞子さんの詩「美しい春の来る村」を紹介してくださいました。
とても素敵な詩なのでこちらでもぜひ紹介させてください。
今回訪ねた八尾の景色、香りが漂ってくるように感じました。

     明るく谷間をうずめて 光のそよぐように
     雨ふり花や堅香子の花の咲く
     静かな山の村があるのだという
     美しい春の来る村があるのだという

上の花のキクザキイチゲについて
おなじくkaguragawaさんによると
詩の中の「雨ふり花」は山形では、キクザキイチゲなどもふくむキンポウゲ科イチリンソウ属の花の総称のようです。

d0088788_22104982.jpg

なんと一緒に行った友人はここの近くの出身なので子供のころはカタクリがたくさんあり
煮て食べたと話していました。とても美味しかったそうです。
d0088788_22111315.jpg

はじめて見るルリタテハです。成虫で越冬するそうです。
そしてここで絶滅危惧種のギフチョウが舞っておりました。残念ながらカメラに納めることができなかったのが心残りです。
道の様子を見るためにカメラを持たずに車から降りた瞬間ちらちらと飛んで見えなくなってしまいました。カタクリのそばにはギフチョウの幼虫の食草、カンアオイがたくさんありましたから間違いありません。
一人だったら粘ったのですが・・・
d0088788_22131573.jpg

八尾の隠れ里のような高瀬地区。
以前ここを訪れたときに道端にまであふれるように咲いていた
カタクリの花が忘れられずやってきました。
秘境のような場所なのと雪がようやく消えたところのようで
案の定ほとんど車が通った形跡が無く
土砂が落ちていたり倒木が道にまでありドキドキしてしまいました。
友人は高瀬地区にも同級生がいると
話してなつかしい様子でした。
d0088788_22204167.jpg

高瀬地区の棚田です。
田植えのされた景色も見てみたいです。
d0088788_2212975.jpg

今年初めて会ったジョウビタキです。3羽一緒に行動していて偶然2羽が一緒に写りました。
d0088788_22123970.jpg



[PR]
by noriko_muratani | 2010-04-06 23:10
春はめまぐるしい寒暖の差があります。
今日は突風とともに時々アラレ混じりの雨が降りました。

富山県の桜の開花が更新され早回るようです。桜の開花というとソメイヨシノが指標になっていますが桜にもたくさんの種類があり、私が興味を持っている桜はソメイヨシノの親でもある江戸彼岸桜です。
原種のため樹齢数百年という長寿の木があちらこちらに存在します。
去年の春旧庄川町を訪ねた際
庄川の右岸周辺に江戸彼岸桜が数多く咲いているのが目に入り、気になって調べまてみました。

ここは庄川右岸の三条山登り口(庄川町)から砺波平野を見渡したところです。
d0088788_1733054.jpg

江戸彼岸桜は元々江戸と付く名前なので太平洋側の桜ですが、鳥によって岐阜県→富山県にと運ばれたと言い伝えられているそうです。
特にこの江戸彼岸桜が庄川右岸に自生していることから地元の方々で江戸彼岸桜保存会がつくられ植樹、整備をされているとのこと。
旧庄川町と、八乙女山です。
d0088788_1724232.jpg


庄川右岸の急な上り坂から庄川、雄神橋方向を眺めたところです。
江戸彼岸桜や、しだれ桜がもうつぼみを膨らませていました。
去年に比べると少し早回っています。

d0088788_1742258.jpg

山の麓では江戸彼岸桜が開花していました。
ソメイヨシノと比べると花は小さいのですが花色が濃いです。

d0088788_1732047.jpg

雨に濡れて妖艶です。
d0088788_17535100.jpg

そしてそれぞれの家の庭で椿の花が咲き誇っていました。
なかでも白い八重の椿に目を奪われました。
d0088788_1755516.jpg

偶然くもも写っていました。
d0088788_17135361.jpg


[PR]
by noriko_muratani | 2009-03-25 17:16 |

桜の巨木

花曇りの一日でした。4時頃からは雨が・・・
高岡市柴野のやまのふち、知人Nさんちの山に桜が咲き始めました。
遠くからでもはっきりこの桜の存在がわかります。
この桜、樹形がいいと思います。
写真マニアがよく訪れるようです。
話によると樹齢200年以上ではないかとのことです。
桜の木の根本まで行ってみると私一人では半分程しか抱えられない巨木でした!!

d0088788_18378100.jpgあぜみちにおりて遠くから撮影しました。


d0088788_18372214.jpg
Nさんのお母さんに桜の種類をたずねましたがこの桜の種類はわからないそうです。
たぶん樹齢から見ても野生種の「江戸彼岸桜」ではないかと思います。
花を見たかったのですがあまりに立ち上がりが高くて間近に確認することができませんでした。
それと江戸彼岸桜は濃いめの桃色が一般的だそうで、ここのはやや薄桃色の花色なので違うかも・・・・。


d0088788_18403359.jpg近づくにつれて樹が迫ってきます。



d0088788_18375337.jpg
これは私の部落にある江戸彼岸桜の花です。花の大きさが「ソメイヨシノ」から見ると小さいのですが近づくとこんなに美しいです。決して見劣りしないです。

[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-07 18:42 | 田舎の景色

江戸彼岸桜の開花

昨日、今日とお天気の良い日が続き富山も桜の開花が始まりました♪♪
この桜の開花宣言の基準は「ソメイヨシノ」のことをさしています。
ソメイヨシノは「江戸彼岸桜」と「大島桜」が元になっています。
江戸彼岸桜は野生種の桜で、ソメイヨシノより少しばかり早く開花します。

山のふもとにひときわ濃いピンク色の花と、蕾を付けている江戸彼岸桜を見つけました。

d0088788_21244166.jpgここは庄川右岸、旧庄川町の河岸段丘のあるところです。
遠くに八乙女山や医王山が見えるのどかな山のふもとです。
この河岸段丘沿いにぽつぽつと江戸彼岸桜が咲いていました。


d0088788_2129660.jpg野生の桜なので条件が良ければ樹齢が100年、200年それ以上に育つたくましい種類です。民家の裏に何となく無造作に大木が立っていました。


これから桜を追って忙しくなりそうな私です・・・。


[PR]
by noriko_muratani | 2008-04-05 21:29 | お気に入り

土のにおい

朝の晴れ間に隣村の「栃丘」の棚田の様子を見てきました。
田んぼは起こしてあり水が張ってありました。土手も枯草色から緑の春色になっています。
曲がりくねった畦道の田は作業効率は悪いと思います。
勝手な思いですが美しいと思います。このままこうして残っていて欲しいです・・・。

d0088788_10581117.jpg
雨がほどよく降り、軟らかくなった地面からほのかな土のにおいがしてきます。



d0088788_1315539.jpg
斜面のふきのとうはすっかり大きくなっています。


d0088788_1059349.jpg
土深く根を張るつくしも顔を出しています。スギナは取っても取っても生えてくる困りものですが春はとくべつに許してあげます。


d0088788_10592981.jpg
この水仙も暖かな日差しをあびてふくらんだ蕾がもう少しで花に変わるでしょう。


d0088788_10594828.jpg
このたんぼ道の向こうに「江戸彼岸桜」の木があります。蕾の状態を観察するために行ってきました。少し膨らんでわずかに色づき始めています。開花が楽しみです。


[PR]
by noriko_muratani | 2008-03-27 11:02 | 田舎の景色